人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.06.12

AIが香りの好みを判定!日本初の香水のサブスクリプションサービス「SCENTPICK」

カジュアルウェアからコスメまで、サブスクリプション(サブスク)型方式で提供される「身につける系」のサービスが百花繚乱だが、1つ抜けていたものがあった。

それは「香水」。毎日のように利用する人の割合は、2割程度だからだろうか。意外にもサブスクの世界では取り扱われてこなかった。

そのニッチに風穴を開けたのが、4月にスタートした「SCENTPICK(セントピック)」。香水に特化したものとしては、日本初のサブスクサービスとなる。

「SCENTPICK」サイトのトップページ

4つの質問に答えてAIが好みを判定

「SCENTPICK」の利用の仕組みはとてもシンプルだ。公式サイトに「あなたが運命の香りに出会うために4つの簡単なQuizにお答えください」とあるので、「スタート」を押して、「あなたが自然に惹かれてしまうものを教えてください」といった、4つの問いに選択形式で答えてゆく。その回答の組み合わせが、今後送られてくる香水を決める判断材料となる。

4つの質問への回答内容で送付される香水が決まる

質問が終わると、個人情報やクレジットカード番号の入力が求められるが、この時に3つあるプランから1つを選ぶ。プランは、「1ボトルプラン」、「2ボトルプラン」、「3ボトルプラン」があり、その名のとおり毎月1回送付されてくる香水の個数を示す。月額料金は、それぞれ1680円、3180円、4780円となり(別途送料・消費税)、ボトル数が多いと少し割安になる。ボトル1本の内容量は5ml。約50プッシュ分、1か月で使い切れる分量だ。

そして、初月に送付される香水は、多数のラインナップから自分で選ぶか、「おまかせ」が可能。「おまかせ」の場合、先の質問への回答に基づき運営側のAIがチョイスする。

サービス開始間もない5月の時点でラインナップは500種を超えるので、「どれを選んでよいかわからない」という香水初心者は、「おまかせ」してしまってよいだろう。なお、自分で選ぶ香水(とプラン)は、毎月変更してもかまわない。

香水は自分で選ぶか、AIに「おまかせ」のどちらかが可能

メンズ向けの香水も多数あり

サイトのイメージから、当初は女性専用かと思ったが、ラインナップを確認するとメンズ向け香水も結構な種類があり、男性もまったくウェルカムのサービスだ。

試しに筆者が「おまかせ」で注文すると、以下のものが届いた。

写真中央にあるのが香水本体で、左の円筒形ケースはこれを収納するボトルケースになる。添付のカードには、AUX PARADISブランドの「#03Fleur」という香水であることが記され、「ふんわりとさり気なくその香りで周囲をも優しく包み込む。日本人の美学とも言える凛とした奥ゆかしさを表現した上質なフローラル」と説明がある。かいでみると、柑橘系の爽やかな自分好みの香りだ。

香水は、何十mlも入ったフルボトルで買った場合、実は自分の好みでなかったとか、途中で飽きてしまうと、もう残りは無駄になってしまう。そのリスクを排して、気軽に香水を入手でき、しかも毎月変えられる、というシステムは、サブスクならではのよくできたサービスだと思う。運営会社のSCENTPICKによれば、「オープン1か月で5千名を超える会員登録があり、現在のサブスク継続率は97%」だという。香水に少しでも興味のある方は、始めてみてはいかが?

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。