人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「楽天ペイ」のアプリでSuicaの発行やチャージが可能に!流通系、通信系に加え、交通系サービスを手に入れた楽天経済圏

2019.06.06

楽天とJR東日本が201965日、キャッシュレス決済事業の連携に関する共同記者会見を行なった。その内容は、楽天のQRコード決済サービス『楽天ペイ』アプリ内で、JR東日本のICカード『Suica』を発行し、チャージができるというもの。この協業で楽天は、交通系のサービスという大きなアドバンテージを手に入れることに成功した。

流通系、通信系、交通系を網羅した楽天

今回、発表されたのは、楽天ペイのアプリ内でSuicaが発行でき、チャージができるようになるということ。利用できるクレジットカードは『楽天カード(VisaMastercardJCB)』。その際、Suicaのチャージに対して、楽天スーパーポイントの付与が検討されている。

『楽天ペイ』アプリ内で発行できるSuicaカードのイメージ。

 

この協業で楽天ペイのアプリだけで、全国の鉄道約5000駅、バス約5万台の交通機関に乗車でき、約60万店の交通系電子マネー加盟店で買い物ができるようになる。楽天ペイとしては初めての他社サービスとの本格連携。しかもSuicaという、社会インフラとも言える強力なラインナップが加わることになった。

ダイムではこれまでのクレジットカードの特集において、「クレジットカード選びは、通信系、交通系、流通系の3通カードが使いやすい」と、〝3通カード〟を推してきた。その理由は、暮らしに密着したクレカを日々、コツコツ使う方が、結果的に得できるという考え方からだ。この考えは決済全般に言えること。今回、楽天のサービスにSuicaが加わったことで、交通系、通信系、流通系の3つのサービスが揃い、楽天経済圏がより便利になった。

発表会に登壇した、楽天ペイメントの代表取締役社長兼楽天の常務執行役員の中村晃一氏は、「楽天グループは〝イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする〟ことを目指しています。人々の毎日の生活をより豊かにさせる存在でありたい。人々の毎日の生活を考える際には、1日の様々な行動とシーンをカバーする必要があります。食べる、買う、話す、観る・聴くなど。その中で毎日の通勤、通学、お出掛けといった移動手段は大きな柱。より多くのお客さまのより豊かな毎日を作り出す多機能アプリが実現します」と語った。

楽天市場、楽天カード、楽天ペイ、楽天銀行、楽天Edy、楽天ポイントカード、楽天トラベル、楽天モバイルなど、様々な楽天サービスに交通系サービスが加わることで、楽天経済圏がより強固になる。

 

楽天がキャッシュレス化を牽引するための「オープン戦略」。1つのアプリで利便性を図り、店舗の端末やユーザーのスマホなど、いかに多くのデバイスとの認証手段を多様に拡充させていくかが重要。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。