人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ルーフトップ、美術館、プール、人魚、シンガポールに行ったら足を運びたい極楽バー6選

2019.06.08

「バー天国シンガポール」には、アジアのベストバーランキング1位に輝いた「マンハッタン」を筆頭に、日本では味わえないようなラグジュアリーなバーが沢山あります。

お酒が好きな方なら楽しめること間違いなし。シンガポールで生活していた私のオススメバーを一挙ご紹介しましょう。

煌めく夜景が楽しめるルーフトップバー

1.マリーナベイサンズが望めるバー「Lanternランタン」

フラトンベイホテルの屋上にあるルーフトップバー「ランタン」。「赤い提灯(Red Lantern Pier)」に由来して名付けられたこのバー。

シンガポールを最初に訪れた移民達が、次に上陸する仲間たちの目印になるように、この赤い提灯を利用していたことからこの名前が付けられた、マリーナベイサンズのウォーターフロントが見渡せるルーフトップバーです。

シンガポールのバーと言えば、マリーナベイサンズの屋上にある「CE LA VI(セラヴィ)」が有名ですが、個人的にはマリーナベイサンズは行くよりも、遠くから眺めている方がオススメ。月の光できらめくプールの向こう側に見えるマリーナベイサンズを見ながら飲むお酒の味は格別です。

2.テントの中でお酒が楽しめる「Mr. Stork(ミスターストーク)」

「アンダーズホテル」の屋上にあるルーフトップバー「Mr. Stork」。

テントが沢山並んでおり、キャンプ気分でお酒を楽しむことができます。シグネチャーカクテルは象のグラスに入ったグレープフルーツベースのカクテル「Ruby」。

恋人同士でも友達同士でも楽しめるバーです。

3.美術館の中にあるバー「Smoke & Mirror(スモークアンドミラー)」

美術館「ナショナルギャラリーミュージアム」の屋上にある、隠れ家的存在のバー。

マリーナベイサンズや巨大観覧車「シンガポールフライヤー」が見渡せるバーで、毎晩マリーナベイサンズで行われるショーもここからバッチリ楽しめます。

植木鉢に見立てたカクテルなど、一風変わったお酒が取り揃えられています。

クラブミュージックがかかった騒がしいバーが多いシンガポールですが、ここは都会の喧騒から離れ、静かにお酒をたしなむことができます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。