人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大繁盛だけど違和感ありまくり!女性客だらけの自由が丘の立ち呑み「K」

2019.06.08

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

オヤジナリティー ★★★
家計貢献度    
エロテイスト   ★★

 自由が丘にまた新しい立ち呑み屋ができてた!

 いや〜、もともと立ち呑みの店がほとんどなかった自由が丘に、もつ焼き系立ち呑みができたって話を書いたのは、つい二カ月くらい前ですよ! そんな舌の根も乾かないうちにまた一軒!

 その時の原稿では、本来立ち呑みの店ってのは、背広客が一人もいない、ジャンバー酒場なんだけと、そこはさすが自由が丘! ジャンバーはジャンバーでも、立ち呑みでよく見かける作業ジャンバーじゃなくて、ブランド物のブルゾンみたいなの着た客ばっかのブルゾン酒場だった! って話だったんだが、今度の店もやっばりブルゾン酒場なのか?

 と、思ったら、そんな想像をはるかに超えた世界が待ち受けていた!

 自由が丘を歩いている時に、偶然“立ち呑み”なんていう看板が見えてね。

「なになに、また新しいのできたの〜?」

 なんて思って、喉も乾いてたし、プラッと一杯くらい……まぁ一杯で終わることはないんだけど、その『K(仮名)』という店に入ることにした。

“立ち飲み”じゃなくて“立ち呑み”って表記も、オレがいつも原稿に使ってる書き方で好みだしね。

 そして入ってビックラこいた!! 時間は夜の7時くらいだったんだけど、もう店内超満員! 場所が自由が丘の駅から徒歩10秒くらいの、とんでもなくイイ立地ってのもあるだろうけど、開店してそんな日数も経ってないだろうに、すごいことになってんなこの店! と驚きつつ、もっとよく店内を観察して、さらに驚いた。

 オレの知ってる立ち呑みといえば、だいたい客は9割方は男。もう店内汗臭いイメージがあるんだけど、なんと店内ほぼ女性! ちらりほらりとカップルがいるくらいで、男だけの客なんて皆無!

 いや、その時はね、偶然にも女房と二人だったのよ。だからまだよかったけど、男一人で入ったら、こりゃあもう居場所がないよ。

 いやいや女房と二人でもさ、50過ぎの初老夫婦じゃないオレら。でも、そんな年寄りいないワケよ、この店。もうみんな若いの。若いっつっても大人の若い女性? 20代後半あたりの、いかにも、

「自由が丘でござ〜い!」

 なんて、洒落た女性たちが店内にひしめき合ってる!

 はっきりいってこんな立ち呑み過去に知らない!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。