人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

髪が寂しい人の強力な助っ人!?冷気と温風が同時に出て頭皮をいたわるドライヤー「あせしらーず」

2019.06.08

 最近、寄る年波には勝てず、体の節々が痛くなり、心なしか頭頂部も寂しくなってきたかどうかは定かではありませんが、幸いにも体重だけは増え続けている、心は17歳JKの筆者です。

 まわりの同年代では、既にツルテンピーカーの人もいたり、そこまでではなくとも結構頭部の黒い部分が寂しい人がかなり多いです。フランシスコザビエルに憧れて髪型を真似(まね)ている人もよく見かけます。寂しくなった髪の量を維持するには、頭部を清潔にするための、毎日の洗髪とマッサージと、山盛り一杯のワカメの摂取が欠かせません。

ドライヤーの熱が髪を傷める?じゃあどうやって乾かせばいいの?

 ドライヤーはJIS型式分類名いよると「毛髪乾燥機(もうはつかんそうき)」と呼ばれます。身も蓋もない名称です。

 ファンで風を噴出して、頭を乾かします。しかし、そのドライヤーの熱は、頭皮に深刻なダメージを与え、髪の乾燥を引き起こし、夏場は熱さで汗をかきまくって、雑菌を繁殖させてしまいます。

 どんなに強靱(きょうじん)な人工頭皮を被っている、心は17歳JKの筆者さえも、せっかくのフレッシュでプリキュアなヘアースタイルを、道ゆく人に見せ晒(さら)してリビドーとパトスを感じることができません。これは由々しき問題です。

※写真の男性は筆者ではありません

ドライヤーで乾かしても、髪の毛と頭皮が痛まない方法とは?

 デジタルガジェット全盛のこの時代、頭を乾かしても、髪の毛と頭の皮が痛まずに、快適に利用が可能な、そんな都合の良いドライヤーは存在しないのでしょうか……?

 実はあります。

 このたび、面白ガジェット商品開発製造販売の雄であるサンコー(サンコーレアモノショップ)より、髪が寂しい人に福音! 冷気と温風が同時に出て頭皮をいたわる! 全人類待望のドライヤー「あせしらーず」が発売されました!

サンコーレアモノショップ/頭皮と髪に優しいドライヤー「あせしらーず」

一般的なドライヤーの平均温度は約100~120度!

 なんでも一説では、市販のドライヤーの平均温度は約100~120度。目玉焼きが焼けちゃう温度ではないかと言われています。そんな高温を、大切な宝物であるOnly OneのMy頭皮に当ててしまっていては、髪の育成に厳しいです。

 とはいえ、温度を下げたら良い、というものでもありません。ぬるい温度では、髪が乾くのに時間がかかり、時間がかかってしまうと頭皮が熱にさらされる期間が長くなります。どないせえっちゅうじゃ~い! という話ですね。

 ヘアドライヤーの温風は高温で頭皮に良くない! ということで、仕方なく低温でゆっくり乾かした場合、当然ながら髪が乾くまで時間がかかってしまうだけでなく、低温とはいえ熱風ですので、頭皮が熱風にさらされ続けます。

 また、生乾き状態が長く続いた場合、汗をかき、不快で雑菌を繁殖させてしまいます。そんな中、頭皮や髪を傷めず、さっと短時間で乾かすことができる、驚きのヘアドライヤーが登場しました。その名も、“汗を知らないドライヤー”こと、「あせしらーず」です!! これは覚えておかなくっちゃ!♥

「あちちちち・・・。頭が熱いよぉ!」

 多くのドライヤーの問題点は、頭皮が直接熱され、汗をかき腐海のように不快になり、高温で髪が傷むことでした。しかしなんと!「あせしらーず」なら! 何ということでしょう!

「髪の毛だけが暖まるのに、頭皮は熱くなくて、とっても気持ちい~い♥」

「あせしらーず」ならば、髪だけを温め、上層の冷風は髪の熱しすぎを防ぎ、頭皮は熱しませんので、低刺激でとても頭に優しく、薄毛予防になる「かも」しれないです。サーモグラフでもその結果が出ています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。