人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

IQの高い人は孤独とクラシック音楽を好む理由

2019.06.10

 音楽の好みは人それぞれだが、IQが音楽の嗜好に関係していることが最近の研究で報告されている。高IQの者は特にクラシックやジャズを好んでいるという。

高IQはインストゥルメンタル好き

 歌い上げるボーカルの曲でないと盛り上がれないという向きもいれば、逆に楽器が多いフルオーケストラのほうが浸れるというリスナーもいる。かくも音楽の好みは人それぞれだが、IQ(知能指数)が高い者はクラシックやジャズなどの楽器だけの楽曲(インストゥルメンタル)を特に好んでいることが示されている。

 米・オックスフォード大学の研究チームが2019年4月に「Evolutionary Behavioral Sciences」で発表した研究では、調査を通じてIQの高い人ほど楽器演奏曲を好む顕著な傾向にあることを突き止めている。

 研究チームのエレナ・ラセフスカ氏はイギリスの進化心理学者、サトシ・カナザワ氏の「サバンナ理論」に触発されて今回の研究に取り組んだということだ。

 サバンナ理論によれば、基本的に人間の脳は人類の“故郷”であるアフリカ・サバンナの環境に適応するように設計されているのだが、高い知能を有する者の脳は、サバンナにはないモノや現象に好奇心を触発されて好むようになるという説である。これが音楽の好みにも反映され、知能の高い者はいわば原始的なボーカルがメインの曲よりも、より人工的な楽器演奏がメインの楽曲を好むようになるというのである。

Daily Mail」より

 研究チームはクロアチアの高校生467人を対象にIQテストを行い、その後、音楽の好みを浮き彫りにするアンケートに回答してもらった。収集したデータを分析したところ、IQが高い者ほど、楽器演奏曲(インストゥルメンタル)を好む高い傾向があることが明らかになったのだ。

 とはいえ高IQの者がボーカル曲を嫌っているというわけではない。高IQの音楽的嗜好とボーカル曲の間には有意の関係性は特に発見されなかったのだ。

「カナザワ氏の論文を読んだ後、我々は異なる予測因子のセット、すなわち異なるタイプの知能テスト(すなわち非言語的尺度)、および音楽嗜好のアンケート調査を行ない、サバンナ理論をさらに検証することにしました」(エレナ・ラセフスカ氏)

 今回の研究は高校生に限定したもので、より幅広いサンプルでのさらなる調査研究が求められているが、IQと音楽的嗜好の関係について興味深い話題であることは確かだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。