人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自転車保険の加入率は56%、最も高いのは兵庫で70%超、低いのは島根で34%

2019.06.05

最近、「自転車事故」の加害者に高額な賠償請求を命じる判決が複数出ており、自転車保険への加入を義務化する条例を設ける自治体が増えている。

そこでau損害保険は全国の男女20,811人を対象に、「自転車保険加入状況」の全国的な実態調査を実施した。

自転車保険加入状況の全国的な実態調査

「あなた(家族も含む)は自転車の事故に備える保険(個人賠償責任保険等)に入っていますか」と聞いたところ、「加入している」と「おそらく加入している」を合計した加入率は、全国で56.0%と過半数だった。

自転車保険への加入状況を、条例で義務づけている自治体と義務づけていない自治体に分けて見てみると、義務化地域で64.3%、非義務化地域で49.8%となり、義務化地域が非義務化地域を約15ポイント上回った。

自治体の義務化により、自転車保険の加入促進が進展していることがわかる。なお、加入率が最も高いのは2015年に全国で最初に義務化した兵庫県で71.5%となっており、最も低いのは島根県で34.4%だった。

自転車は、(1)二酸化炭素などを発生せず環境に優しい (2)災害時において機動的 (3)自動車依存の低減により、健康増進、交通混雑の緩和など、経済的・社会的な効果があるなど便利な乗り物だ。

一方で、自動車同様命に関わる事故に発展する危険性がある。自転車に関する正しいルールを理解し交通安全を徹底し、自身や家族が自転車事故を起こしてしまった場合への備えを検討してみてはいかがだろう。

au損保調べ 
調査方法:インターネットによるアンケート調査対象者:調査地域に居住している自転車利用者
対象地域:日本全国回答者数:20,811人(人口比率に配慮し選定)
実施時期:2018年12月27日~2019年2月11日

関連情報/https://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。