人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.06.04

第3新大阪市でゴジラ対エヴァンゲリオンが決戦!この夏必見のUSJ「ユニバーサル・クールジャパン2019」

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、日本発の6大作品が8つのアトラクションとなった『ユニバーサル・クールジャパン 2019』が8月25日(日)まで開催中。

中でも、3D映像と特殊効果により世紀の戦いが現実となるシアター・アトラクション『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』は震えるほどのスリルと興奮が味わえるのでオススメだ。

『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』 “決戦、第3新大阪市”

2019年に生誕65周年を迎え、国内外で計34作品の映画シリーズを展開、ギネス認定記録をもつ、日本から生まれた世界的人気作品「ゴジラ」。

また2016年公開の「シン・ゴジラ」の監督でもあった庵野秀明氏による「エヴァンゲリオン」は、それまでのアニメの常識を覆す世界観で、1995年の初登場以来、今もなお世界中に熱狂的なファンを生み出し続けている。これら2つの最強コンテンツがコラボレーションした史上初の映像化アトラクション「ゴジラ対エヴァンゲリオン」が登場する。

「第3新大阪市」ロゴ

舞台となる“第3新大阪市”は、世界規模の危機をもたらした“セカンドインパクト”により、甚大な被害を受けた旧東京首都圏に代わり首都機能を引き継ぐ、未知の敵性生命体“使徒”との戦闘を目的とした要塞都市。この街を守る「エヴァンゲリオン」の前に“使徒”を上回る強大な敵「ゴジラ」が現れ、ゲストをありえない展開に巻き込んでいく、パーク・オリジナルストーリーが大迫力の3D映像と驚きの特殊効果で展開する。

現実のように目の前で繰り広げられる最強同士の世紀の戦いに、ゲストは、震えるほどのスリルと興奮が押し寄せる、かつてない体験を味わえる。

この夏はユニバーサル・スタジオ・ジャパンでしか体験できない「究極のコラボレーション」を存分に楽しんでみては?

【名称】 ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D 
【開催施設】 シネマ4-Dシアター

各作品代表者のコメント

「ゴジラ」 大田 圭二氏(東宝株式会社 取締役 映像本部 映像事業担当 兼 音楽事業担当 兼 チーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO))

「ゴジラ」は65周年を迎え、共に周年イヤーの2019年にコラボレーション出来たことを非常に嬉しく思います。 5月31日には『ゴジラ対エヴァンゲリオン』のアトラクションがスタートし、同日に映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開します。今回も映画『シン・ゴジラ』制作スタッフが再結集し、『ゴジラ対エヴァンゲリオン』という新たな挑戦に挑んでいます。他では絶対に体験できないコラボレーション、圧倒的なクオリティと迫力の映像にご期待ください。

「エヴァンゲリオン」 神村 靖宏氏(株式会社グラウンドワークス: 代表 エヴァンゲリオン版権管理担当)

「エヴァンゲリオン」では、これまで3回ものユニバーサル・クールジャパンでの取り組みをしていただき、今回は、遂に日本が誇る最強キャラクター「ゴジラ」とのコラボレーションです!『ゴジラ対エヴァンゲリオン』という響きだけでも胸躍ります。この響きの良さこそがこの企画のキモですが、その元ネタは何十年か前、僕らが学生だった頃の「“ゴジラ対XXXX”って面白くね?」てなオタクジョークだったんです。それがアトラクションになる事が本当に楽しみです。

「ゴジラ」について
1954年の誕生以来、シリーズ累計動員数1億人以上を数える、怪獣映画の金字塔。日本発のキャラクターとして唯一「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に登録されるなど、世界でも圧倒的な人気を誇る。2016年公開の映画『シン・ゴジラ』は大ヒットを記録。2019年5月31日には最新作となる「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」も公開される。

「エヴァンゲリオン」について
社会現象を巻き起こし続ける大ヒットアニメ。そのスタイリッシュな映像と深い世界観で、幅広い世代から絶大な支持を集める。世界中で公開された「新劇場版」も、高い評価を獲得。2020年に最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を予定している。

TM & © TOHO CO., LTD. ©カラー ©Naoko Takeuchi 書・紫舟
TM & © Universal Studios. All rights reserved.
© SCRAP All rights reserved.

関連情報/http://www.usj.co.jp/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。