人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

本当にお得なのか?ドコモ「スマホおかえしプログラム」とauの新料金プランを徹底検証

2019.06.09

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は「スマホおかえしプログラム」とauの新料金プランについて議論します(取材は2019年5月17日)。

分離プラン導入で3社横並びになってしまった

房野氏:ドコモが新端末の発表に合わせて、端末の新しい買い方「スマホおかえしプログラム」を発表しました。これについて、どう思いますか?

房野氏

石川氏:発表されてから、原稿を書いたりコメントをしたりしているけれど、結局、他社のアップグレードプログラムの真似じゃんって感じだし、他社の問題視されているところを避けてきたって感じ。軟着陸感が半端ない。

石川氏

法林氏:まったく同じことを記事に書きました。

法林氏

石川氏:48回の割賦が問題視されているから36回にしようみたいな感じだし、24回払った後の残債免除が他社だと機種変更が前提になっているけれど、それもしなくてよくなっていたり。つまり、公取委を意識したプログラムになっている。条件が緩いからいいんだけれど、日和った感が出ているなという気もした。

ドコモ「スマホおかえしプログラム」イメージ

石野氏:今やるとしたら、ああいう形なんだろうな。

石野氏

法林氏:クセがないし、特徴があるわけでもないし、アドバンテージがあるわけでもない。完全に予想された世界がそのまま出た。

石川氏:分離プランが導入されて何が起きたかといったら、3社横並びですよ。これって本当にいいのかなあと。以前は「3社横並びはけしからん」と散々言われて、ドコモは個性的なシェアパックを出し、ソフトバンクは大容量プランを出し、auはいち早く分離プランを出した。それが横並びで、2つから選ぶか3つから選ぶかの違いだけだったり、買い換えのプログラムも36回か48回かの違いしかなかったり、という感じ。結果として、ユーザーは他キャリアを選ぶ必要がなくなっているというか、ドコモユーザーはドコモの中で変わればいいし、auユーザーも同じ。ユーザーの移行が起きなくなるから、結果、競争は起きないんじゃないのと。これって本当に総務省の有識者会議が望む結果なのかということを問い詰めたい。

法林氏:3社横並びは本当にそうだと思う。総務省に対して「君たちのやったことは必ずしも正しくなかったと思うよ」ということは思うところ。ただ今回、ソフトバンクの料金は何も変わっていないんだけれど、3社の端末と新しい料金プランが出揃ったことで思ったのは、たぶん有識者は気がつかないと思うけど、3社、細かいところに違いはあるなと感じた。auが7GBの「フラットプラン7プラス」を出したのは勇気があったと思うし、「データMAXプラン」は完全にソフトバンク対抗だと思う。料金に関しては、auが一番戦った感がある。

au「フラットプラン7プラス」

au「データMAXプラン」

石川氏:うん。でも料金って後出しじゃんけんじゃないですか。後から出した方が強い。

法林氏:まぁね、昔から高橋さん(KDDIの高橋誠代表取締役社長)自身がそういっていたね。

石野氏:auの思い切りの悪さがここでも発揮されている。なんで20GBプラン(フラットプラン20)を残すのかなと。ドコモ対抗で残しておかなきゃいけないのは分かるんですけど、うーん。選ぶ方からしたらどうなんだろうなと。

石川氏:5プランから選ばなきゃいけない。Netflixプラン(フラットプラン25 Netflixパック)も調子いいからってね。

au「auフラットプラン25 Netflixパック」

au「Netflixプラン学割」

石野氏:5プランから選ぶのは結構迷う。しかも、家族割引の「家族割プラス」が付くものと付かないものがある。フラットプラン20とか残ったプランは家族割引が付かない。

法林氏:「AQUOS R3」は2万円の割引が受けられるんですけど、その条件の中に「auピタットプランまたはauフラットプランを契約」とあって、それが新ピタットなのか旧ピタットなのか明記されていない。答えは「両方」だったんですけどね。

シャープ「AQUOS R3」

石川氏:「新auピタットプラン」って名前もなんとかならないですかね。「新加勢大周」っぽい。

au「新auピタットプラン」

石野氏:それ、分かる人いますか(笑)

石川氏:いるよ、いるよ。「新」と付けて何年使うんだよって。

石野氏:そうですね。

石川氏:今は「新」で分かるけど、その後どうするんだと。“新auピタットプラン2”とかになるのかと。「P30 lite Premium」のライトなのか高級なのかわからない感じのネーミングに似ている(笑)

石野氏:ドコモに対抗して新ピタットプランを出した割には微妙に金額が高かったりして、ドコモに対抗して値上げしているんじゃんってところがある。

房野氏:便乗したんですかね。

石川氏:表向き、4割値下げと言っているけど、メリットを得られる人はわずかで、なんだかんだいって料金が上がる方向にあるんだなという気がすごくする。データMAXプランだって、めっちゃ高いじゃないですか。9000円でしょ。

石野氏:「ギガホ」プラス2000円ですよ。

法林氏:本来の利用料金は8980円ですからね。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。