人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界シェア2位のスマホメーカー・ファーウェイの禁輸措置はいつまで続くのか?

2019.06.10

ユーザーには端末販売やアップデートの影響

房野氏:アメリカの世論的に、ファーウェイに対する措置は良しとしているのでしょうか。

法林氏:どうなのかなぁ。僕はアメリカに住んでいるわけじゃないから分からないけど、西海岸のいわゆるシリコンバレーの人たちは反トランプだと、もともとは言われていた。ヒラリー・クリントンさんがいいかどうかは別として、オバマ前大統領がやっていたような方向性を支持していた感はある。トランプさんが大統領になるときは、ノーと言った人が西海岸は多かった印象ですよね。

石野氏:Appleのティム・クックCEOとかもそうですよね。

石川氏:あの辺の人たちは、中国がなかったら経営をやっていけないでしょうし、モノも作れないでしょうし。中国への直行便も現地からたくさん飛んでいるし。

石野氏:カルチャーがまったく違いますからね。トランプ大統領の支持層は、アメリカの中でも保守層が多い“ザ・アメリカ”というべき地域の人じゃないですか。

法林氏:映画監督のマイケル・ムーアのの「華氏911」や「世界侵略のススメ」とかを見ると、アメリカってこういう成り立ちなんだというのがなんとなく分かる。その感じが極端に凝縮されたのがトランプ大統領になるってことがすごく分かる感じ。今回の輸出制限もそうだけど、「そこでそれをやる?」的な驚きがあるじゃないですか。対岸の火事を見ていたレベルの話じゃなくなってきた感はありますね。

房野氏:日本で真っ先に影響を受ける人は?

石野氏:P30シリーズを買えない人とかですね。あと「P20 Pro」を使っているけれど、アップデートサーバにつながらなくなるとか。ソフトウェアアップデートはドコモのサーバでやっていますけれど、新しいAndroidをドコモに流せなくなるので、結局アップデートができなくなる可能性がある。

あと、過去の例でいうとセキュリティパッチ(脆弱性やセキュリティホールなどの問題を解決するための修正プログラム)が配信されなくなる。

P20 Pro

石川氏:それダメでしょ。

法林氏:それが一番キツいよね。

房野氏:セキュリティパッチってどのくらいの頻度で配信されているんですか?

法林氏:毎月。実際、発行されるのは毎月なんだけど、ユーザーに降ってくるのはメーカー次第。毎月のところもあって、それこそGoogleはPixelに毎月のように降らせている。国内向け市場で積極的なのはシャープとかモトローラ。サムスンはそんなに熱心じゃなくて、しょっちゅう降ってくるわけではない。

石野氏:ファーウェイも比較的ひんぱんにやっていますね。2、3か月に1回はやっている。

石川氏:セキュリティパッチを更新できないと個人情報がダダ漏れになる可能性がある。

法林氏:怖い怖い。

房野氏:こういう話はつらいですね。

......続く!

次回は、ドコモの新端末購入方法とauの新料金プランについて話合います。ご期待ください。

法林岳之
法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温
石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也
石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子
房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

構成/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。