人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パリにスタートアップ1万3000社が集結!世界が注目した欧州最大のテックイベント「Viva Technology2019」

2019.06.07

Viva Technology

欧州最大のテックイベント「Viva Technology」(VivaTech)が、5月16日から18日の3日間、パリで開催された。

Viva Techは、スタートアップとイノベーションの促進を目的に2016年に創設され、仏経済紙レゼコーおよび世界3位の広告代理店ピュブリシスが主催。パリ南西の広大な会場「パリエキスポ ポルト・ド・ヴェルサイユ」に毎年10万人以上のビジターが詰めかける。 最初の2日間はスタートアップや企業、投資家、学生、研究者に限定、3日目に一般公開される。

会場のエントランス/ Photo by Yumiko Misaki

4回目の開催となる今年のテーマは4つ。国際的なハイテクシーンにおける欧州の存在感を強調する「United Tech of Europe」、善用される技術「Tech4Good」、ハイテクおよびスタートアップにおける女性の地位を強化する「Women in Tech」、人材発掘を促進する「Talent」である。

会場内部/ Photo by Yumiko Misaki

フランス大統領、アリババ会長も登壇

フランスを「スタートアップ共和国」としよう、との戦略を推し進めるマクロン仏大統領は、VivaTech初日のカンファレンスで欧州のスタートアップ5社の若い起業家と登壇し、欧州の「競争力のある民主的モデル」を強調した。

Viva Technology

個人の自由や人権の面で問題のある中国、テック分野を操る民間の大企業が民主的なコントロールから逸脱しがちなアメリカに比して、「民主的に持続可能な技術を築いている欧州はテックリーダーとなり得る」とのマクロン大統領のビジョンは、欧州の起業家や経営者、メディアの支持を集めた。

Viva Technology

とはいえViva Techは欧州限定のサロンではない。昨年のFacebook CEOマーク・ザッカーバーグに続き、今年は目玉ゲストとしてアリババ会長ジャック・マーが登壇。一代で世界的企業を作り上げた自らの体験を基に「機会の平等」「夢や教育の重要性」を語り、聴衆の起業家精神を鼓舞した。

他にもカナダのトルドー首相、ルワンダのカガメ大統領、IBMのジニ・ロメッティCEO、ファーウェイのケン・フー輪番会長兼副会長など、幅広いエリアから錚々たる政財界のリーダーが講演者として登壇した。

今年はAIから5G、ブロックチェーン、量子コンピューティング、コネクテッドヘルス、宇宙開発、モビリティ、環境まで、最もホットなイノベーションを推進するスタートアップ13000社(うち出展2300社)が参加。

Googleブース/ Photo by Yumiko Misaki

6万平米もの広大な会場でまず目につくのはGoogle、Facebook、AmazonなどGAFAをはじめ、フランス国鉄SNCFや通信大手Orange、高級ブランドLVMHなどの大企業の大型ブースだ。アフリカや中国、韓国、スイスやドイツ、ルクセンブルグなどの欧州各国、ローヌ・アルプやヌーヴェル・アキテーヌなどフランスの地方各地、欧州の研究所や大学もそれぞれブースを構える。

LVMHブース/ Photo by Yumiko Misaki

スタートアップのほとんどは、これらの大企業とのパートナーシップあるいは支援のもと、そのブースで出展する形をとる。例えばLVMHは「未来のカスタマーエクスペリエンスの創出」を課題とする「イノベーション・アワード」を設け、選出されたスタートアップ30社が出展。たった2枚の写真から30箇所ものボディサイズを正確に測定できる3Dボディスキャンアプリ「3DLook」がアワードを受賞した。

LED搭載のバッグ/ Photo by Yumiko Misaki

緑あふれる楽園のようなLVMHブースは特に人気が高く、フレキシブルディスプレイを開発する中国Royole社のLEDを搭載したヴィトンのバッグ「スピーディ」「ダッフル」、さらに光ファイバーテキスタイルでモノグラムが七色に変化する「キーポル」が注目を集めていた。単なる客寄せパンダではなく、デジタル技術で顧客の無限のパーソナライゼーションを実現するラインナップとして商品化を視野に入れている。

高級ブランドはリシュモンのブースもスマートさが際立っていた。

リシュモンブース/ Photo by Yumiko Misaki

ジャガー・ルクルトのウォッチの実物が透けて見えるショーケースのガラスをデジタルスクリーンとして活用するミックス・リアリティ演出や、モンブランの万年筆で紙の上に描く似顔絵が同時にデジタルデータとなる「Augmented Paper」の実演など、高級品と先端技術のマッチングが効果を上げていた。

ジャガー・ルクルトのショーケース/ Photo by Yumiko Misaki

Augmented Paperの実演 / Photo by Yumiko Misaki

コスメティック大手ロレアルのブースも女性に大人気。昨年買収した技術開発企業ModiFaceのAR/AI技術を駆使した肌診断「SkinConsult」や、音声認識でヘアスタイルやカラーを選びAIによるアドバイスが受けられる「Virtual Hair Advisor」の体験を、斬新なデザインで提供していた。

Virtual Hair Advisor / Photo by Yumiko Misaki

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。