人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.06.13

アウトドアで大活躍!淹れ立てエスプレッソが楽しめる超小型コーヒーメーカー「nCampカフェ」

アウトドアでも淹れ立てコーヒーが飲みた~い!

 コーヒー豆を焙煎(ばいせん)(熱媒体として油や水を使わずに、食材を加熱乾燥させること。)して挽(ひ)いた粉末から、湯又は水で成分を抽出した飲料である「コーヒー(coffee)」。

 コーヒーは、世界中でぐびぐび愛飲されており、コーヒーを提供する場の「喫茶店」は、古くからの文化の中心として、大きな役割を果たしていました。また、「コーヒーノキ」の果実である「コーヒー豆」は、世界中でたくさん取り引きされており、ワールドワイドで、経済的にも、精神的にも、世の中で、とても重要な位置を占めております。

コーヒーを抽出するためには必須の、「コーヒーメーカー」とは?

 コーヒーを飲む場合、コーヒー豆をただ購入しただけでは、まだダメです。コーヒー豆を粉末化して、湯を沸かしコーヒーを抽出する機器である、「コーヒーメーカー」でコーヒーを淹れる必要があります。コーヒーの抽出は、定量化をしなければ、味に即時に反映する変動要素が多いため、なかなか美味しいコーヒーを淹れるのが難しいのです。それゆえ、コーヒーメーカーがどうしても必要になるのです。そこで、何の技量もない一般人にとっては、どういった種類の「コーヒーメーカー」で「コーヒー」を入れるのかが、とても重要になってきます。基本的には、電器屋さんで適当な「コーヒーメーカー」を購入すれば、そこそこ美味しいコーヒーを淹れて飲むことができます。インスタントコーヒーとホンモノのコーヒーを飲み合わせてみれば、味や香りの差は、正にその差は歴然としています。ホンモノはとにかく旨いのだ!

 そんな、全人類に広く親しまれている「コーヒー」ですが、残念ながら、「コーヒーメーカー」はその構造上、自宅やお店などで、据え置きで設置するのが前提の構造となっております。ハイキングやキャンプなどで、もぎたてフレッシュなコーヒーを飲みたくて飲みたくて堪(たま)らなくなっても、ほとんどのコーヒーメーカーは結構それなりの大きなサイズで、電源を必要とするものが多く、アウトドアで淹れ立てのコーヒーを飲むのは大変困難です。

 心は17歳JKの筆者も、少々お金をはりこんで、ブラックアイボリーやカペ・アラミド(←ようするに高い豆。)を購入したというのに、お出かけ先で、淹れ立てコーヒーを飲むことができず、結果、外出先で、コーヒーが飲めない禁断症状に苦しんで手が震えております。これは由々しき問題です。

 デジタルガジェット全盛のこの時代、いつでもどこでも、お手軽カンタンに、ンマ~いコーヒーを淹れられるような、そんな都合の良いコーヒーメーカーは存在しないのでしょうか……?

 実はあります。

 このたび、国内クラウドファンディングの雄であるMakuakeより、ウォーターボトルサイズなのに淹れ立てエスプレッソが楽しめちゃう!アウトドアに最適な超小型コーヒーメーカー「nCampカフェ」が発表されました!

Makuake/ソロキャンプにピッタリ!本格エスプレッソが楽しめる、ポータブルコーヒーメーカー

nCamp Stove Cafe 1

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。