人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

食事、呼吸、運動、今すぐに実践できる快眠メソッド

2019.06.04

湿度が上がり、いよいよ寝苦しい季節がやってきた。皆さんは質の高い睡眠を手に入れるためにどんな方法を取り入れているだろうか。快眠に関する記事を@DIMEから厳選して紹介しよう。

今すぐ実践できる快眠メソッド

やり方はビジネスと一緒!食事、睡眠、運動、ストレスケア、4つの分野で積み上げる健康マネジメント術

できるビジネスパーソンは皆、健康管理を当たり前のように行っている。そう聞いて、自分も何かしなくては!と思っているものの、何から始めればいいかわからないというのが本音ではないだろうか? ビジネスマンの健康マネジメントスクールを行う水野雅浩さんは、ビジネスマンがビジネスと同じように健康管理に取り組めるよう健康管理にも「KPI」を設定するなど、面白い方法を推奨している。その方法の一部を紹介してもらおう。

【参考】https://dime.jp/genre/712974/

就寝前にやってみよう!認知機能を向上させて不眠症を改善する「深呼吸」の効能

“ここ一番”の勝負の直前には深呼吸をしてみたい。そしてその場合は息をゆっくり吸うことに意識したほうがよいようだ。

【参考】https://dime.jp/genre/683018/

より良い睡眠をとるために食事で気をつけるべき「タイミング」と「食材」

健康で豊かな生活をおくる上で大事な要素の一つが、「睡眠」。ここ数年、特に多くの人が睡眠の課題に関心を寄せている。 睡眠専門医の白濱龍太郎氏は「深刻な症状でなくとも、やる気が出ない、日中にぼーっとする、といったちょっとした不調を感じているなら、睡眠を見直す価値はあります」と指摘している。一方で、「睡眠の質は、日々の食事でタイミングや食材の組み合わせを気にかけるだけでも改善できる」のだとか。

【参考】https://dime.jp/genre/682829/

「揺られながら眠ると睡眠の質が向上し記憶力も向上する」ジュネーブ大学研究

揺られながら眠ると、睡眠の質が改善するだけでなく、記憶力も向上することが、ヒトとマウスを対象に行われた2件の研究で示された。 ゆっくりと揺れるベッドで眠ると入眠時間が短くなり、深い眠りにつけるだけでなく、記憶がより定着する可能性があるという。

【参考】https://dime.jp/genre/664479/

快眠アドバイザー直伝!デスクで仮眠する時に疲れない寝方

職場で一定時間、仮眠を取るのを推奨する企業が増えてきた。しかし、デスクで寝た経験のあるビジネスパーソンの中には、「寝づらかった」「手がしびれた」など、あまり好感触ではなかった経験がある人もいるのではないだろうか。そもそもデスクにおける仮眠で疲れない方法はあるのだろうか。快眠アドバイザーである、株式会社インプリエイトの代表 山本恵一さんに聞いた

【参考】https://dime.jp/genre/655016/

ストレスの多い人こそチェック!間違いだらけの「睡眠ルール」の作り方

メディプラス研究所・オフラボが実施した調査では、女性の「睡眠ルール」はストレスの度合いによって変わってくることが分かった。普段やっている睡眠ルールのうち、どんなものが快眠に有効なのか探ってみた。

【参考】https://dime.jp/genre/637222/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。