人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドライバー不足も解消できるかも!?アイデアというアクセルを踏んだタクシーサバイバル

2019.07.05

忍者タクシー

「拙者、伊賀で修行したでござる」。時代劇のようなひと言を発したのは、停車したタクシーの傍らに立つ運転手。忍装束と鋭い眼光、隙のない動作は、どう見ても忍者にしか見えない。こやつ何者? もしや、この男は政府の密命を受け、乗客を何処(いずこ)へ送り続けている者なのか!?

 その正体は三和交通が展開する『忍者タクシー』でドライバーを務める小関正和さん。同社ではこのほかにも、要人警護を再現した『SP風タクシー』や幕末の志士たちに縁のある場所を巡る『THE新撰組ツアー』など、ユニークなサービスを用意している。

〝えっ、そんなタクシーあるの?〟と驚く方もいるだろう。しかし、東京ハイヤー・タクシー協会によると、三和交通のような一風変わったサービスに加えて、陣痛タクシーやキッズタクシーなど公共性の高いサービスを提供するタクシー会社が日本各地で増えているという。

 その理由は大きく2つある。ひとつは純粋にお客さんに楽しんでもらい、タクシーをより身近に感じてほしいということ。加えて、ドライバー確保のためのブランディングという意図もあるという。

 実は、ここ数年タクシー業界は深刻な人手不足で、営業できるクルマはあっても運転手がいないという状況だ。そこでまずはタクシー会社の知名度を上げ、職場としての魅力を感じてもらうという目的もあるという。

 確かに、こんなタクシーなら乗ってみたい! というお客さんもいるだろうし、ドライバーにとっても働きがいがありそうだ。多くは予約制だが、旅行先での思い出作りや特別な日のサプライズとして利用してみてはいかがだろう。

忍びのワザ!?でお客様を確実に送迎! 之巻

忍者タクシー三和交通 忍者タクシー

横浜や東京西部、埼玉に拠点を置く三和交通。忍者修行を行なったドライバーを筆頭に、現在は17名が乗務している。忍装束での送迎に加え、乗降時には時代劇さながらの演出も! 指定料金は1000円。

忍者タクシー乗車時、忍者ドライバーは(程々に)素早い動きで後席ドアへと移動。乗降時に曲者がいると想定し、手裏剣や刀で撃退してくれる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。