人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ホモ・デウス」もスラスラ!読書量も確実に増える!オーディオブックは多忙を極めるビジネスマンこそ利用すべき理由

2019.06.05

ビジネスパーソンの6割が月に1冊も本を読まないと言われている。読書の時間が取れない、仕事や家事や育児で疲れ切っている…さまざま理由はあろうが、それなら聴く読書「オーディオブック」はどうだろう?聴く読書がお薦めな理由や賢い読書法をオーディオブック「audiobook.jp」のサービスを行うオトバンクの上田渉代表取締役会長に聞いた。

満員電車やランニング中、家事・育児の時間を有効活用!

「audiobook.jp」でサービスを提供する本の数はベストセラーを中心に約2万7000点(2019年5月末現在)。ジャンルはビジネス書/自己啓発本を中心に、小説、教養、語学、落語など。ビジネス書の比重が大きいのは、例えば「ホモ・デウス」など人文科学本も含まれ、ビジネスパーソン向け書籍はビジネス書に含んでいるからだ。

主なお客様層は、30~40代のビジネスパーソン(男女比6:4)だ。仕事や家事や育児で忙しい層だといえるだろう。なお、小説の配信が増えるに伴い、女性利用者が増えつつあるという。

上田渉代表取締役会長がサービスを開始したのは、読書が好きだった祖父が緑内障にかかり失明してしまったため。目の不自由な方のためには点字図書館があり、録音図書も借りられるが、当時、家族はそのことを知らなかった。

「目の不自由な方にサービスを届けるために、まずは家族や友人など周囲の方にオーディブックの存在を知ってもらいお薦めしてもらえる環境をつくるのが早道だと思いました。なので、目が不自由か否かに限らず使っていただけるようなサービスを展開しています」(上田さん)。

「audiobook.jp」の利用時間で最も多いのが58%で移動時間。満員電車で通勤し、本を開くどころか身動きも取れないというビジネスパーソンも多いだろう。オーディオブックなら、カバンに入れたスマホにイヤホンを繋ぎ、聴くだけなので、時間を有効活用できる。

「そのほか、歩いているとき、ランニング中、ジムでトレーニング中、家事の最中、子どもの寝かしつけの最中などもお薦めです」(同)。苦行だと感じて辛いとき、耳で情報を聴いて楽しみながら行うことによって、辛いことを忘れることができるのだ。

また、目の読書は目の筋肉を使うので疲労するが、聴く読書は鼓膜が震えて脳に信号を送るだけなので、疲れない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。