人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

戸建て居住者より集合住宅居住者のほうがタバコ嫌いが多い?

2019.05.31

毎年5月31日は何の日かご存じだろうか?

答えは「世界禁煙デー」。世界保健機関が禁煙を促進させるべく制定された記念日だ。また、日本においては1992年より、5月31日から6月6日までの間が「禁煙週間」とされている。

そんなタバコとの関係性を見つめ直す1日&1週間がやってくる前に今回、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営する会社リビン・テクノロジーズによる、20歳以上の男女全国327人を対象にした「自宅での喫煙と受動喫煙防止策」についてのアンケート調査の結果が発表されたので、紹介していきたい。

集合住宅居住者はタバコ嫌いが多い!

リビンマッチの利用者を対象に「住居形態」を尋ねる調査が行われたところ、『戸建て』(65.1%)、『集合住宅』(34.9%)となった。

つぎに、「あなたもしくはあなたの家族で、現在タバコを吸っている人はいるか」尋ねる調査が行われると、最も多かったのは『誰も吸っていない』(全体:48.9%、戸建て:46.5%、集合:53.5%)となり、『自分が吸っている』(全体:25.1%、戸建て:28.6%、集合:18.4%)と続いた。

以降、『以前自分が吸っていたが、現在は誰も吸っていない』(全体:8.0%、戸建て:7.5%、集合:8.8%)、『自分も家族も吸っている』(全体:6.4%、戸建て:6.6%、集合:6.1%)、『家族が吸っている』(全体:6.1%、戸建て:5.2%、集合:7.9%)、『以前家族が吸っていたが、現在は誰も吸っていない』(全体:3.1%、戸建て:2.8%、集合:3.5%)、『以前自分が吸っていたが、現在は家族が吸っている』(全体:1.5%、戸建て:1.9%、集合:0.9%)、『以前家族が吸っていたが、現在は自分が吸っている』(全体:0.9%、戸建て:0.9%、集合:0.9%)という結果に。

このことから、現在喫煙者のいる住居は、「戸建て」(43.2%)、「集合住宅」(34.2%)となり、回答者の喫煙率同様、戸建て居住者の方が集合住宅居住者よりも喫煙者が多いことが明らかになった。

つづいて、「自宅での喫煙場所」を尋ねる調査が行われた。戸建て居住者は『自分(家族)の部屋』(全体:15.6%、戸建て:18.3%、集合:10.5%)、『リビング』(全体:13.5%、戸建て:14.6%、集合:11.4%)、『キッチン(換気扇の下など)』(全体:11.6%、戸建て:13.1%、集合:8.8%)に対し、集合住宅居住者は『自宅では喫煙しない』(全体:11.3%、戸建て:10.3%、集合:13.2%)、『リビング』、『自分(家族)の部屋』の順となり、住居形態によって多少の違いが見られる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。