小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ひとり親家庭の最大の悩み「子どもの教育」問題に一石を投じるシリコンバレーのユニークなプロジェクト

2019.06.02

ひとり親家庭の中学生を応援するプロジェクト「Tech STAR Camp」とは

「Tech STAR Camp(テクスタ)」は、国内とシリコンバレーをはじめとする海外で実施する次世代イノベーティブリーダーを育成する“エコシステム”である。

これは、参加者であるひとり親家庭の中学生と年齢が近く、気軽な相談相手になり得る大学生や親以外の大人などが参画し、子どもたちの学び意欲を引き出し、社会への扉をひらく鍵となる仕組みである。学校では教えられない社会情勢や未来を踏まえた教育、ITリテラシーを高める教育、夢を実践する機会などを提供し、“わが子に新たな教育機会を”と願うひとり親たちを、周囲のみんなが支えるプロジェクトだ。

大洲さんは、「特に小学生から中学生、高校生と大きくなるにつれて、子どもたちの夢はしぼんでいきます」と話す。

「ソニー生命保険株式会社の『中高生が思い描く将来についての意識調査』では、中学生の62.5%、高校生にいたっては69%が、10年後の日本や自分の将来に不安を抱いていることが判明しています。高校生になって現実的な進学先などが見える前の段階で、無限大の可能性や夢を語れる場や経験が必要なのではないか。また、多感な時期にある中学生と、リソースが足りなくて困っているひとり親のみなさんを、取り組みに賛同してくれる大人を巻き込み、社会全体で支える仕組みができないかと考えました」

本プロジェクトでは、子どもたちが将来の進路のベースになる、“自分の軸"を発見し、それをもとに課題設定、課題解決を行うためのプロジェクトを立ち上げる経験を、国内と海外の米国・シリコンバレーで提供する。

一定条件をクリアした参加者は、奨学金枠で海外プログラムに参加できる。

次代を担うイノベーティブリーダーを育成

Tech STAR Campでは、次代を担うイノベーティブリーダーを育成するという。

「イノベーティブリーダーとは『Make things happen』できる人のことです。グローバル化やテクノロジーの進展で、日常生活そのものや、仕事の仕方が変わり、人生観や職業観などが変化し続ける世の中。現状分析から始まる既存の概念にとらわれていたら、ブレイクスルーは生まれません。そこで、自ら発想豊かに新しい視点を持って課題を見つけ、周りを巻き込みながら行動し、社会で活躍する次世代のリーダーが必要だと考えました」

21世紀を生き抜くために必要な「4C」スキルを重視

本ワークショップでは21世紀を生き抜くために必要とされている「4C」スキルを重視しているという。

4Cスキルとは、米国を中心としたPartnership for 21st Century Skillsによって、21世紀の教育に必要な最も重要なスキルとして特定された4つのスキルのこと。

選ばれた数名が参加できる8月のシリコンバレーでのTech STAR Camp。この選考も兼ねた、2019年4~6月にかけて国内で開催している1DAYワークショップでは、4Cスキルを次のように育成するという。

1.「創造(Creativity)」

「子どもたちが豊かな発想や自らの個性をのびのびと発揮できるお題をもとに、講師やファシリテーター、デザイナー、美術系の大学生が一体となって子どもたちの想いを引き出していきます」

2.「論理的思考(Critical Thinking)」

「できあがったアイデアに対して、ファシリテーターが本当にそうなのか、もっと深く考えてみるとどんな矛盾があるのか、など声がけをしながら論理立てて考える時間を提供します」

3.「対話(Communication)」

「5~6名のチームに分かれ、メンバーの話やそれぞれの意見を尊重したり、耳を傾けながら、自分のアイデアも出していく流れを作ります」

4.「協働(Collaboration)」

「チームメンバーと一緒に対話しながら1つの作品を完成させます。自分と他人の違いを受け入れ、それぞれのアイデアをすべて尊重し、ポジティブに融合させながらワークを進めていくことで、一人で成し遂げられないことをチームで実現する喜びや楽しさを学びます」

先日開催されたワークショップでは、参加した子どもたちも、見守っていた親たちも、学校とは異なる学びの機会に新鮮さを感じながら驚きつつも、笑顔であふれていたという。

「一人一人が自分の軸を見つけて、夢を具現化する仕組みを社会でつくり、めいっぱい応援したい。」こうした思いを込めて、今後もプログラムを発展させていきたいと大洲さんは述べた。

【取材協力】

大洲 早生李(おおす さおり)さん
世界35か国、250名以上のリサーチャーや専門家ネットワークを活用した海外市場調査、グローバルマーケティングを行うGlobal Stage Inc.のCEO。2019年1月にシリコンバレーを拠点に北米を起点としたマーケティングおよびソーシャル型イノベーション事業開発を行うGlobal Stage USA Inc.を設立した。一般社団法人日本ワーキングママ協会代表理事、株式会社コメ兵社外取締役も務めるなど多岐に渡り活躍。3児の母。
http://wm-univ.com/

取材・文/石原亜香利

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。