人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シリーズ初の4K/30P撮影に対応したキヤノンの業務用ビデオカメラ「XA55/XA40」

2019.05.30

キヤノンの業務用ビデオカメラ「XA」シリーズは、放送局を中心に取材現場や、ドキュメンタリー、イベントでの撮影など、高い機動力を要求される撮影現場を中心に幅広く使用されている。

今回、1.0型CMOSセンサー搭載で高画質な4K/30P映像を撮影可能な“XA55”、および小型・軽量ながら4K/30P撮影にも対応した“XA40”の2機種が登場した。

業務用ビデオカメラ“XA55/XA40”

1.0型CMOSセンサーと4K対応レンズ搭載の高画質モデル“XA55”

機動力の高い「XA」シリーズで初めて1.0型CMOSセンサー、映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 6」を搭載し、4K対応の光学15倍ズームレンズを採用することで、広角約25.5mmから望遠約382.5mm相当(※1)の全ズーム域で高画質な4K/30P映像の撮影を実現した。

また、動画撮影に適した滑らかなAF動作と高い追従性を有する「デュアルピクセルCMOS AF」により、厳しい合焦精度が求められる4K撮影時でも、タッチパネルを用いた直感的な操作で、素早く高精度なピント合わせが可能だ。

4K映像を光学20倍ズームで撮影可能な小型・軽量モデル“XA40”

1/2.3型CMOSセンサー、光学20倍ズームレンズ、映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 6」を採用し、ビデオカメラ本体の大きさは約109mm(幅)x84mm(高さ)x182mm(奥行き)、本体質量は約730g(※2)と小型・軽量ながら、広角約29.3mmから望遠約601mm相当(※1)の全ズーム域で4K/30Pの映像を撮影可能。

また、4Kセンサーから得られる情報を有効活用したフルHD記録「Over Sampling HD Processing」によって、フルHD画質についても従来機種「XA30」(2015年12月発売)から解像感の向上を実現している。

※1 35mmフィルム換算。手ブレ補正の「ダイナミックモード」時を除く。
※2 グリップベルト含む。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。