人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

少ない材料でパパっと作れる絶品タイ料理「ソムタム」

2019.06.02

皆さんこんにちは。タイの首都バンコクで、親子&お手伝いさんと暮らしています、マダム・ボンゴロッソ大森と申します。

南国・タイから皆さんに「少ない材料でパパっと作れる」をコンセプトに、休日の昼下がりのお酒が美味しくなるようなご機嫌なレシピをご紹介しています。

第三弾は、「ソムタム」です。

「いつもタイ料理屋でゼッタイ注文する!大好き!」というひとから「それ何?スポーツか何か?」と全くぴんと来ない人まで様々だと思います。

ソムタムとは、青パパイヤを使ったタイ風サラダです。青パパイヤはキュウリと大根の中間の味のような食材です。甘くはありません。日本だと沖縄以外なかなか手に入りにくい食材だと思いますので、今回は切り干し大根と柿ピーで代用するレシピをご紹介します。

バンコク市内の市場やスーパーで見かける青パパイヤ

このサラダに、焼鳥(ガイヤーン)やもち米の蒸したもの(カオニャオ)を合わせれば、タイ北部・イサーン料理の定食、いわば日本の「みそ汁とご飯のセット」みたいな、とてもありふれた料理なのです。

田舎料理の部類なのですが、「ソムタムとビールがなくちゃ、一日終わった気がしない」というバンコク市内の労働者も沢山います。屋台で作るソムタムをテイクアウトするのを見かけるのは日常風景です。

ソムタムの語源、ソム (ส้ม) は、タイ語で、「酸っぱい」、タム (ตำ) には「搗(つ)く」という意味があります。冒頭サラダと書きましたが、正確には欧米のそれとは趣が異なり、日本のお正月料理の「なます」がそれに近いのかな?と思います。

講釈はこれぐらいにして、早速作り方を説明しましょう。

基本的には、甘酸いピリ辛ドレッシングに、細切りにした野菜と、ナッツなどを和えたら、それは立派な「タイ風サラダ・ソムタム」です。野菜を切るのは千切りピーラーがあると便利です。

向かって左が千切り用ピーラー。日本のセリアという百均でも買えます。

気軽な和風ソムタム

材料
・切干大根 1袋
・キュウリ 1本
・人参 半分
・乾燥エビ(お好み焼き用) 5~10g
・柿ピー 1つかみ(ナッツが多いほうがいい)
・ポッカレモン(なければお酢)大匙1、砂糖小さじ1、塩2つまみ、和風だし顆粒小さじ1、お好みで一味唐辛子少々(全て混ぜる)

作り方
・切干大根を20CC程の水で5分ほど戻す。戻したらおにぎりを作る要領で、手で軽く水気を絞る。少し硬めに戻すのがポイント。
・水気を切った液体半量に乾燥エビを入れてふやかす
・キュウリと人参を切干大根と同じ太さくらいの細切りにする。
・合わせ調味料をボウルに入れ、そこに人参、キュウリ、切干大根、エビ(戻し汁から取り出したもの)の順番でいれる。材料をよく混ぜ合わせる
・最後に柿ピーを入れる(カリカリした味を楽しみたい場合は上からかける)
・味見をして、塩味を整え完成

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。