人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「令和チャレンジ」で心が折れた女性が導入すべき8つの美習慣

2019.05.29

改元を機になにか新しいことを始めたい……

このような想いから、身体づくりや美容に向けた取り組みをスタートさせた人、あるいはスタートさせた人は多いだろう。

しかし、元号が変わっても、人の内面まで大きく変わるわけがない。結局、すぐにあきらめてしまい、「令和チャレンジ」に心折れてしまった女性も少なくないはずだ。

そこで今回、マンダムが、令和チャレンジに折れてしまった女性への8つの“美習慣”を提案しているので、早速、紹介していきたい。

新生活に加え、令和決定が女性の新たな取り組み意欲を刺激!

4月は新生活の影響で何かを始めたくなる季節。1年のうちいちばんNHKのテキストが売れるのは4月、そして料理やクラフト、ヨガなど習い事の入門書が売れるのも4月だ。それに加えて今年は改元の影響もあり、より一層何かに取り組む女性が増えそう。マンダムの調査でもその傾向が伺える結果が出ている。

2つのビシュウカン:「美醜慣(ビシュウカン)」と「美習慣」

忙しい現代女性は、美容の時間をゆっくりとることができない。しかし毎日5分の習慣でも続ければ美につながったり、怠れば理想からは遠ざかってしまう。

そこで、やりがちな美を妨げる習慣を「美醜慣」、美につながる習慣を「美習慣」とし、ダブルモチベーションの中で「美醜慣」を改善、「美習慣」のスタートをおすすめする。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。