人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子どもの習い事で大人気!大人も通いたくなる「プログラミング教室」の選び方

2019.06.09

子供をプログラミング教室に通わせる家庭が増えている。そこで、プログラミング教室の実態を@DIMEから厳選紹介しよう。

プログラミング教室の選び方

スポーツより学習重視?令和時代の子どもの習い事はプログラミング教育が主流に

2020年より実施される次期学習指導要領。小学校におけるプログラミング教育の導入をはじめ、英語教育の必修化、道徳の教科化など、様々な改革が行われる予定だ。この先しばらくは、社会全体で「子供の教育」について考える機会が増えることだろう。 そんな「教育」への関心の高まりにちなんで今回、イー・ラーニング研究所の過去の調査データから、2017年と2018年の習いごとを徹底比較。さらに、令和時代注目の習いごとも紹介していく。

【参考】https://dime.jp/genre/708370/

ビジネスパーソンが「プログラミング」の習い事を始める5つのメリット

春の新生活がスタートした後、新しい習い事をはじめたいと思っているビジネスパーソンも多いのではないだろうか。そこで今回は、今ドキのビジネスパーソンの間でトレンドになっているハイセンスな習い事の一つ、「プログラミング」について取り上げる。ビジネスパーソンにとってのメリットや、内容、続けるコツなどをマンツーマン指導でオンラインプログラミングレッスンが受けられる「CodeCamp(コードキャンプ)」のラーニングコンシェルジュに聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/683232/

柔軟な発想と創造力を育むプログラミング教室の気になる中身

小学生から高校生までを対象としたテクノロジーとものづくりが学べる教室。今回伺った「LITALICOワンダー 渋谷」は5年前に開校し、2000人以上の子供たちにプログラミングを教えてきた。コースは、ゲームやアプリの制作を通じてプログラミングが学べる「ゲーム&アプリプログラミングコース」や、ブロックで組み立てたロボットをプログラミングで動かす「ロボットクリエイトコース」「ロボットテクニカルコース」、3Dプリンターやレーザーカッターでものづくりを行なう「デジタルファブリケーションコース」の4種類。

【参考】https://dime.jp/genre/574191/

2020年小学校で必須に!親なら知っておきたいプログラミング教育の最新事情

2020年、小学校で必修化されることもあり、注目を集めているプログラミング教育。しかし親世代はプログラミングなるものがどういうものか、何となくわかるものの実のところよくわからない、と戸惑っている人も少なからず存在する。そこで、なぜ今プログラミング教育が必要とされているのか、小学生向けのプログラミング教室「Tech Kids School」を全国に展開しているCA Tech Kidsの代表取締役社長 上野朝大さんに聞いてみた。

【参考】https://dime.jp/genre/521380/

2020年の新学習指導要領実施を控えた小学校教師たちの本音

学校教育が大きな変革時期を迎えている。「新学習指導要領」「大学入学共通テスト」といった2020年の教育改革に向け、今年2018年度には「新学習指導要領」移行措置がスタート。子を持つ親としても気になるものだが、学校現場では特に、変化に追いつかず、慌ただしい状況になっているようだ。 明光義塾が実施した調査からは、小学校教師たちのリアルな思いが分かる。今小学校教師たちが直面している課題と対応策を探る。

【参考】https://dime.jp/genre/508609/

潜入取材!小学生は今、プログラミング教室で何を学んでいるのか?

2020年度から実施される次期学習指導要領では、小学校からプログラミング教育が必須科目とされる、そんな方向性が示されています。 子を持つ親としては気になるところですが、プログラミング教育といわれてすぐにイメージできる方は多くないでしょう。現在の親世代は、これまでにプログラミング教育を受けたことがない方が大半であり、「そもそも何を学ぶのか」「何のために必要なのか」という疑問を持たれる方も多いと思います。

【参考】https://dime.jp/genre/480918/

構成/チーム@DIME

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。