人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

続々登場する家電リモコン、一番使いやすくて便利なのはどれ?

2019.05.30

IoTという言葉が浸透するようになり、各社から家電リモコンが続々登場している。だが家電リモコンといっても、形は様々で、利用できる機能やサービスにも違いがある。そこで家電リモコンの関連記事を@DIMEから厳選して紹介しよう。

家電リモコン、どれが便利?

作ったのは九州電力!好きな名前を付けて声や話し方を選べるAIスピーカー「QuUn」

昨年7月から九州でサービスを開始した、オリジナル音声AIを活用したIoTサービス「QuUn(キューン)」。九州電力が提供するサービスで、新料金プランと新サービスで5月から全国展開を開始。九州電力と電気契約がなくても利用することができる。

【参考】https://dime.jp/genre/712422/

天井から部屋の家電を操作!機能を追加できるWi-Fi&スピーカー内蔵型スマート電球「stak」

+Styleから、モジュールを積み重ねることで、アプリと連携してスマートホームを実現できる新世代のスマート電球『stak』が登場した。Wi-Fiやスピーカーを内蔵しており、「リモコンモジュール」「照明モジュール」と組み合わせてアプリ連携が可能だ。

【参考】https://dime.jp/genre/714192/

家庭の家電をまとめてスマホから操作できるキングジムのスマートリモコン「エッグ」

キングジムは、 家電の赤外線リモコンの情報を学習し、 スマートフォンを通じてまとめて操作できるスマートリモコン「エッグ」を、 2019年5月31日(金)より発売する。 スマートリモコン「エッグ」は、 テレビやエアコンなど、 さまざまな家電の操作をスマートフォン1つに集約できるため、 リモコンを探したり使い分けたりするわずらわしさを解消。 「エッグ」とスマートフォンをBluetoothで接続し、 専用アプリで家電の操作ができる。 

【参考】https://dime.jp/genre/713232/

子どもが喜んで使いそう!ハローキティの顔を可愛くあしらったスマート家電リモコン

SB C&Sは、今年45周年を迎えるサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とコラボレーションした限定モデル「スマート家電リモコン ハローキティモデル」を、Amazon.co.jpにて4月5日に発売する。Amazon販売価格は8,640円(税込)。

【参考】https://dime.jp/genre/692352/

仕事中でも旅行中でもスマホで家中の家電をコントロールできるスマートリモコン「MIRAI REMOCON」

東京電力エナジーパートナーとCrossdoorが共同開発し、スマホで家中の家電を簡単コントロールスマート家電リモコン『MIRAI REMOCON』が誕生した。 仕事中や旅行中など、時間や場所を問わず、家中の家電をコントロールできる画期的なアイテムだ。

【参考】https://dime.jp/genre/671108/

パナソニックが声で部屋の家電を操作できるワイヤレススピーカーシステム「コエリモ」を発売

近年、スマートスピーカーによる家電の音声操作が注目されているが、従来のものの多くは音声操作に対応した家電しか操作できない。 そのため音声操作するには対応機器に買い替えなければならないのが現状だ。そこでパナソニックは、持っている家電を声で操作ができるGoogle アシスタント搭載のワイヤレススピーカーシステム『SC-GA1(愛称:コエリモ)』を2月下旬に発売する。

【参考】https://dime.jp/genre/665071/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。