人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.30

良いテレビ番組に必要なのは、技術より時間と運!?

■連載/Londonトレンド通信

 4月12日から14日まで、ロンドンでテレビジョン・フェスティバルが開催された。BFI(英国映画協会)と、イギリスの週間テレビ/ラジオ番組ガイド、ラジオ・タイムス協賛の、テレビ番組の祭典だ。

会場で無料配布されたラジオ・タイムス
BFI & Radio Times Television Festival at BFI Southbank

 これから放映される新番組や過去の番組に関するイベント、また、セレブ・シェフのジェイミー・オリバーによる料理ショーなどがあった。

 期待させる新番組の一方、古い映像は豊かな文化資料となっていたのが印象的だ。そして、その両方を兼ね備えた神シリーズとも言うべき人気番組の新作発表もあった。

 会場となったのは、テムズ川南岸にあるBFIサウスバンク。入ってすぐの場所に飾られていたのが、新番組『キャサリン・ザ・グレイト』のパネルと衣装だ。

『キャサリン・ザ・グレイト』パネルと衣装
BFI & Radio Times Television Festival at BFI Southbank

 ヘレン・ミレンが18世紀にロシアを統治したキャサリン大帝を演じるもので、イギリスはじめヨーロッパ各国とアメリカで放映予定となっている。フェスティバルでは、展示のほかミレンのトークショーも開催された。

 オスカー女優が凝った衣装で主演するドラマになるわけだが、最近はそういう豪華俳優陣に手の込んだ衣装、セットのテレビドラマが多くなってきた。昔は映画を”本編”と呼び、テレビドラマを下に見たものだが、もはや通用しない感覚かもしれない。

 さて、古い映像では『フロム・ザ・BFI・アーカイブ:デヴィッド・ボウイ』が見応えがあった。映画だけでなくテレビ映像の保存もしているBFIから、2016年に69歳で亡くなったイギリスのロック・スター、デヴィッド・ボウイの数十年に渡るテレビでのインタビューやパフォーマンスのいくつかをまとめたものだ。

 選りすぐられた映像からは、まさにカメレオンのようにルックスや曲調を変えていったボウイが、非常に自覚的にそうしていたことがわかる。

 インタビューでは、初期の頃に自分を「ペルソナのコレクター」といい、後年はインタビュアーから「白いキャンバス」に例えられる。パフォーマーとして唯一無二だったことは疑いようもないボウイが、自分自身のプロデューサーとしても飛びぬけていたと思わせるインタビュー集だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。