人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.26

今年注目のアーティスト「左手」にインタビュー!令和のVOCALOIDはどこまで進化する?

音楽の1ジャンルとしてすっかり定着した、「VOCALOID」(略称:ボカロ)。

でも、「名前は聞いたことがあるけど、正確にどんな曲かはわからない……」そんな人もまだ、案外いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、VOCALOIDのことを改めて振り返ってみました。

そして、2019年注目の気鋭アーティスト「左手」にインタビューを敢行。令和のVOCALOIDはどんな盛り上がりを見せるのか? 探ってみました。

VOCALOIDとは?

YAMAHAが開発した音声合成技術およびその応用製品の総称。また、応用製品に設定されているキャラクター群のことで、さらにはボーカルアンドロイドの略称です。

VOCALOIDの歴史

2000年3月

YAMAHAがVOCALOIDの開発を始める。

2003年2月26日

YAMAHAがVOCALOIDを発表。

2004年11月5日

日本語VOCALOIDの第一弾である「MEIKO」が日本のソフトウエア会社、クリプトン・フューチャー・メディア(略称:クリプトン)より発売される。

2007年8月31日

ボーカルアンドロイド「初音ミク」がクリプトンより発売

2007年9月

「初音ミク」がAmazonのソフトウエアランキングで1位を獲得。

「初音ミク」の登場からボーカロイドを利用した楽曲がネット上(主にニコニコ動画)へ次々と投稿されるようになります。これらのユーザーのことを「ボカロP」(ボカロ・プロデューサー)と呼び、2017年に10周年を迎えた「初音ミク」はメインカルチャーへも浸透、現在も盛り上がりを見せています。

音楽シーンをにぎわすあの米津玄師さんも、かつてはボーカロイドで曲作りをしていた一人です。2009年からボカロPとしての活動をスタート、当時の名義で2010年に2枚の自主制作アルバム『花束と水葬』『OFFICIAL ORANGE』をリリースしています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。