人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

やったことある?大人も子供も楽しめる奥深きテーブルゲーム6選

2019.05.26

みなさんがボードゲームといって思い浮かべるのは、やはり「人生ゲーム」でしょうか。

子供の頃に友達同士や家族と一緒に遊んだ方も多いはずです。あのルーレットを回す高揚感、1マス進むたびに一喜一憂したりと本当の人生を体験しているようなワクワク感がありました。

ボードゲームやカードゲームといった、いわゆるテーブルゲームと呼ばれるものは、多人数で遊べるのはもちろんのこと、スマホゲームやテレビゲームともひと味違ったコミュニケーションを楽しめるのが最大の魅力です。

大人になった今だからこそまた遊んでみたい、Face to faceで頭脳戦、あるいは心理戦がしたいという方も多いはず。数年前の爆発的ブームを経て今も変わらず根強い人気を誇る、世界的に有名なテーブルゲームをご紹介します。

ボードを囲んでじっくり遊べる、ボードゲーム

まずは、みんなで楽しめて、今大人気のボードゲームをピックアップしてみました。

〜カタン〜

プレイ人数:3〜4人/拡張版(別売り):6人までプレイ可
対象年齢:8歳以上
レベル:初級〜中級
プレイ時間:

世界のボードゲームの中で2000万個以上の販売数を誇る大ヒットゲームのカタン(カタンの開拓者たち)。小学生から遊べるものの、その奥深さにハマる大人がとっても多いんです。

舞台はカタンという名の無人島。

プレイヤーの拠点となる開拓地(家)を建てて、そこから島全体を開拓していきます。

プレイヤー同士それぞれの開拓地から開拓競争を行い、最初に10点(開拓地一つにつき1点、土地一つにつき2点など)取った人が勝利となります。

カタン島は最初に六角形のタイルを並べて作ります。この構成はゲーム毎に変えられるためタイル並べからすでにゲームは始まっているといっても良いでしょう。

ゲーム中は開拓するために必要な資源をプレイヤー間で交渉し、誰かから戦略的に奪うもよし、もしくはお互いに良好な関係を築いたままでもよし、と頭脳戦を繰り広げていきます。

〜カルカソンヌ〜

プレイ人数:2〜5人
対象年齢:7歳以上
レベル:初級〜中級
プレイ時間:30分〜90分

2000年に発売されたドイツの人気ボードゲームで、ドイツゲームの2大賞(ドイツ年間ゲーム大賞・大賞、ドイツゲーム大賞・1位)を獲得しています。

舞台はフランス南部、古代ローマ時代の要塞都市カルカソンヌをモチーフにしています。

城や道を作っていきながらミープルという駒を使って点数を稼いでいき、最も多くの得点を獲得したプレイヤーの勝ち。簡単なルールながら、タイルが置かれるごとに形成が移り変わる戦略的な配置ゲームです。

〜スコットランドヤード〜

プレイ人数:2〜6人
対象年齢:8歳以上
プレイ時間:45分

推理と駆け引きが決め手のスリリングなボードゲーム。
ドイツゲーム・オブ・ザ・イヤー1983年大賞を受賞した名作。

舞台はロンドン。市内に潜伏し大胆不敵に逃走する怪盗Xを、スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)の敏腕刑事たちが追跡し、捕まえます。

24時間以内に怪盗Xを捕まえられるか、もしくは刑事の追跡から逃げ切るか、刑事チームVS怪盗ミスターXの知恵比べが繰り広げられる戦略性が高いコミュニケーションゲームです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。