人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

GWに開催されたキャッシュレスウィーク、キャッシュレス派の4割、現金派の6割以上が「知らなかった」

2019.05.23

キャッシュレスウィーク中、キャッシュレス利用率が最も高かった場面とは?

キャッシュレス派 (n=442) と現金派 (n=442) に対し、キャッシュレスウィーク期間中の各消費場面について、最も利用頻度の割合が高かった決済方法を尋ねる調査が行われた。

キャッシュレスの利用の割合が最も高かった場所は、キャッシュレス派は「ショッピングモール」 (n=344) で 93.6%。現金派は「交通機関」(n=315) で 66.7%。

続いて、現金の利用の割合が最も高かった場所は、キャッシュレス派は「スーパーマーケット」 (n= 416) で31.0%、現金派は「自動販売機」(n=313) で87.2%となった。

2019年10月の消費増税に関するキャッシュレス決済への還元策の認知、キャッシュレス派 60.9%、現金派42.8%

最後に、キャッシュレス派 (n=442) と現金派 (n=442) に、2019年度の消費増税及びキャッシュレ決済に対する還元施策案の認知について尋ねる調査が行われた。

キャッシュレス派で、「増税について知っている」と回答したのは全体の 82.4%となり、「増税とキャッシュレス決済の還元策の両方について知っていた」と回答した人はそのうちの 60.9%となった。

現金派では、増税について知っていた人は68.8%で、「増税とキャッシュレス決済の還元策の両方について知っていた」と回答した人はそのうちの 42.8%という結果となった。

調査概要
「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」
調査期間:2019年4月26日~5月9日
・ 有効回答:予備調査 6,388人、本調査884人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:予備調査 20歳から69歳の男女
:本調査 現金メイン利用者、キャッシュレスメイン利用者
・ 設問数 :9問

出典元:MMDLabo 株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。