人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.23

20ジャンル151種類のメーカーを分類した中国のロボット業界最新カオスマップ

中国でのロボットへの投資ブームは2016年にピークを迎えたと言われており、その後は単なるコンセプトではなくビジネス面での成否がきちんと問われるようになった。

以降は、市場ニーズを汲み取ったロボットが多数開発されている。しかし言語の障壁があることで、中国国内のロボットの情報は、日本では広く報道されていない。

そこでロボットスタートは、日本におけるサービスロボットの導入を支援していくにあたり、中国ではどのようなロボットが開発されているのかをわかりやすく示す必要があると考え、151種のロボットを掲載した「中国版サービスロボットカオスマップ2019」を発表した。

151種のロボットを掲載した「中国版サービスロボットカオスマップ2019」

同社は国内のロボットメーカーや導入を考えている企業の一助になればと考え、無料で公開している。

分類について: 以下20個の分類毎に掲載。

コミュニケーションロボット(Communication Robots)
スマートスピーカー(Smart Speakers)
案内ロボット(Guide Robots)
ホビーロボット(Hobby Robots)
レストランロボット(Restaurant Robots)
教育・STEMロボット(Educational/STEM Robots)
エンターテインメントロボット(Entertainment Robots)
小売ロボット(Retail Robots)
ドローン(Drones)
水中ドローン(Underwater Drones)
パーソナルモビリティ(Personal Mobilities)
協働ロボット(Co-Robots)
警備ロボット(Security Robots)
配達ロボット(Delivery Robots)
医療・介護ロボット(Medical & Nursing care Robots)
パワードスーツ(Powered Exoskeletons)
建設ロボット(Construction Robots)
清掃ロボット(Cleaning Robots)
輸送ロボット(Transportation Robots)
レスキューロボット(Rescue Robots)

ロボットスタートについて
2014年12月創業。コミュニケーションロボット、サービスロボット、AI、IoT、スマートスピーカー、音声アシスタントなど最先端領域にフォーカス。メディア事業・コンサルティング事業・マーケティング事業を通じて、業界の発展に貢献している。

関連情報/https://robo-lib.com/repositories/summary/136
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。