人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

慰謝料は請求できる?婚約を破棄された人が立ち直るためのヒント

2019.05.25

婚姻(結婚)とは異なり、口約束でも成立する婚約。一方で、破棄する時も相手の一言で成り立ってしまいます。幸せの絶頂のはずが、ある日突然「婚約を破棄したい」と告げられた……そのショックは計り知れません。

この記事では、婚約を破棄された方が立ち直るヒントを紹介。現在婚約中の方も、改めて2人の関係を見つめ直す参考にしてください。

婚約破棄によくある「原因」とは?

まず、婚約を破棄する時に多い原因を紹介。

婚約破棄に至る理由はカップルよって様々ですが、大きく分けると「価値観のズレ」「隠し事」「マリッジブルー」「親・親族絡み」「重大な病気や疾患」に分類できます。

結婚を真剣に考えると、今まで気にしていなかった価値観のズレが障壁になることも。主に宗教や金銭感覚の違いなどが該当します。

また、「浮気」を筆頭とした嘘や隠し事も婚約破棄によくある原因のひとつ。「子持ちである」「離婚歴がある」「借金」「自己破産の経験がある」などの隠し事はご法度です。

「相手の親とソリが合わない」「親に結婚を反対された」など、親・親族絡みの理由も多いようです。

続いて、婚約破棄によくある原因を男女に紹介します。

婚約破棄された男性に多いケース

女性が男性に婚約破棄を告げるケースで多いのは「マリッジブルー」「男性の不貞行為(浮気)が発覚した」「男性から暴力を受けた」など。

後述するように、破棄された側に非がある場合、慰謝料を請求されてしまうこともあります。
マリッジブルーが理由の場合、結婚の時期を遅らせれば別れずに済むことも。冷静になって、2人で話し合いましょう。

婚約破棄された女性に多いケース

男性が女性に婚約破棄を告げるケースで多いのは「結婚式の準備で喧嘩をした」「ほかの人を好きになってしまった」「同棲したら女性の残念な一面が見えてしまった」など。

婚約後に同棲を始めて、「女性に清潔感がなかった」「料理が下手だった」など、残念な一面が見えて結婚を諦めてしまうことはありがちです。

また、結婚式の話が喧嘩に繋がって婚約破棄してしまうケースほど、悲しいものはありません。
もし喧嘩の勢いで婚約破棄を決めてしまったのならば、一度冷静になって、2人の幸せな日々を思い出してみましょう。

婚姻破棄した側に、慰謝料を請求できることも

お金が全てを解決してくれるわけではありませんが、相手に非があった場合、せめて結婚式場のキャンセル費用や結納にかかったお金などは負担してもらいましょう。

また、婚約とは契約の一種なので、正当な理由がない場合や個人の都合で婚約を破棄する場合、損害賠償を請求できることもあります。

その際は2人が婚約していたことを証明する必要があるので、婚約指輪の領収書や結納を行った証拠はしばらく保管しておきましょう。

婚約破棄について無料で相談できる弁護士事務所や、電話またはメールで気軽に相談できる弁護士事務所も数多くあります。

助けて! 何とか食い止めたい! 婚約破棄されそうな時の対処法

「距離を置きたいと言われた」「会う頻度が減った」「連絡しても以前よりレスポンスが悪い」「結婚の話題を避けている」などは、相手が婚約破棄を考えている兆候かもしれません。

こういった時、強引に結婚話を進めたり相手に詰め寄るのは逆効果です。

結婚の話題は避けて、少し時間と距離を置いてみましょう。その前に、相手に何か引っかかっていることはないか優しく聞くことができるとベスト。感情的になったり、相手の意見を頭ごなしに否定せず、冷静に自分の想いを伝えましょう。

また、結婚の時期を遅らせることも視野に入れると良いでしょう。

立ち直るためのヒント! 婚約破棄されたら考えるべきこと

結婚はタイミングが大切。もし婚約を破棄されても「あの時、自分がこうしていれば」と後悔するのはやめましょう。むしろ「結婚する前で良かった」「“バツ”がつかなくて済んだ」と考えることが大切です。

同じように、相手を責めたところで自分が余計につらくなってしまうかもしれません。

だからと言って、無理に気丈に振る舞う必要もありません。悲しみやつらい気持ちを受け入れて、思い切り泣いたほうがラクになることもあります。

友達に話を聞いてもらったり、いま考えていることを書き出してみるなど、自分の気持ちに向き合うのも立ち直るための有効な手段です。

環境を変えて、気持ちを切り替える方法もあります。

新しいことに挑戦したり、趣味に没頭したり、旅行に出かけたり、引っ越してみたり……方法は多種多様。環境を変えたことで、良縁に巡り会えたという話もあります。

いずれにしても、婚約破棄の傷は時間が解決してくれるはず。自分の気持ちが少しでも軽くなる方法を実践してみましょう。

婚約破棄は恥ずかしいことではない

現代において、離婚や婚約破棄はよくある話。婚約破棄に関する公的なデータはありませんが、国内の離婚数は1996年以降毎年20万件を越えています。

「いろんな人に祝福してもらったのに恥ずかしい……」と思うかもしれませんが、自分が思っているほど周りは気にしていないものです。

【参考】平成30年人口動態統計(厚生労働省)

婚約破棄した側の心境は? 後悔している?

婚約を破棄してきた相手のことを考えるのは好ましくありませんが、それでも気になってしまうもの。

「マリッジブルー」や「ほかに好きな人ができた」など、相手の気の迷いが原因の場合、あるいは「喧嘩」などが原因の場合、婚約を破棄した側が自らの決断を後悔するというケースはよくあります。

婚約破棄されたけど、相手が復縁を求めてきたら?

相手に復縁したいと言われた時に大切なのは、自分自身の気持ちです。「相手と一緒にいたい」という気持ちが強いかどうかで判断すると良いでしょう。

しかし、そこに少しでもモヤモヤした気持ちがあるのなら、よく考える必要があります。

浮気や「ほかに好きな人ができた」という理由が婚約破棄の原因だった場合も同様です。「断ち切れない未練」と「相手が好き」という気持ちを混同していないか、慎重に判断することが大切です。相手が同じ過ちを繰り返すリスクも考慮するようにしましょう。

文/bommiy

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。