人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

業務の効率化や職場での評価アップを実現したい人は「ググり力」をアップすべし!

2019.05.24

IT業界でエンジニアに求められるスキルといえば、なにを思い浮かべるだろうか。JavaやRubyなどのプログラミングスキル、タスク管理スキル、プロジェクトマネジメントスキル……。数を上げれば切りがないが、それらは全てGoogleで検索する能力「ググり力」があってこそのスキルだというのは業界では常識といっても過言ではない。

また、この「ググり力」はエンジニアだけでなく、ありとあらゆるビジネスパーソンの業務効率化や職場での評価アップにもアプローチできる優秀なスキルだ。

ググり力とは

今この記事を読んでいる人で、検索エンジン「Google」を知らない人はほぼいないだろう。アウンサンコンサルティングの調査によると、Googleは日本における検索エンジンのシェアの95.12%を占める。ググり力とは、このGoogleの検索エンジンを使って「自分が求める情報をインターネットから見つけ出すスキル」のことだ。

大量の情報が氾濫しているインターネットから、適切なキーワードの設定や検索機能を駆使して、できるだけ短い時間で有益かつ必要な情報にたどり着けることは、ビジネスシーンにおいては特に他人に差を付ける大きな武器になり得る。そのなかでも特に大きなメリットは以下の2点だ。

・人の経験やスキルを簡単に知ることができる
・他人の時間を奪わずに問題を解決することができる

本来は、自ら経験しなければ得られない知識なども「ググる」ことで容易に手に入れることができる。その道のプロの知識をインターネットから仕入れて現場に生かして経験することで、よりスピーディーにスキルを向上させることが期待できるだろう。

また、ググり力は自己解決能力や情報リテラシーの向上にも大きく関わっている。他人の貴重な時間を奪わず、自分でトラブルや課題を解決できる人間になることで、上司や職場の評価アップにつながるのだ。

ググり力の高め方

ググり力を高めるには、「正しいGoogle検索の方法を理解する」、「Google検索の機能を使いこなす」の2つのポイントを押さえることが重要だ。

それぞれの概要を説明しよう。

・正しいググり方

最短で自分の知りたい情報までたどり着くには、(1)情報収集の目的を理解し、(2)情報を端的に表すキーワード(検索ワード)を見つけて、(3)検索結果に表示された複数のサイトからいくつかの情報を抜き出し、(4)情報の真偽や実用性をフィルターにかけた後、(5)情報をまとめる作業が必要だ。

例えば、とある営業パーソンがエクセルで報告書を作る際の方法を知りたくてググるときは「なんのための報告書で、誰に提出するのか」という目的や提出先のほか、会社の業種なども考慮し、関連する検索キーワードに加えることで、より精度の高い検索結果を得ることが可能になる。

その後、いくつかの情報をピックアップし、取捨選択して落とし込む。特に自分の全く知らない分野の調査には、このようなフローを確実に踏むことが重要だ。

・Google検索の機能

Google検索でぜひ覚えておいてほしい機能に関係ないキーワードを除外する「除外検索機能」と、検索したキーワードと類似した検索結果の表示を防ぐ「完全一致検索」という機能がある。

除外検索機能は、「-Word」のように除外したいキーワードの前にマイナスを付けて検索しよう。完全一致機能は、「“プレゼンで緊張しない方法”」のように“”で囲むことで機能する。

正しい検索方法や機能を理解した後は、継続あるのみ。多くのビジネスパーソンは、1日に1度は検索する機会があるだろう。そのときに上記で紹介したポイントを意識して検索することで、ググり力は高まっていくので、次にブラウザバックして新しい検索ワードを打ち込む際から実践してみてはいかがだろうか。

文/藤広冨之

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。