人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最近、流行のSNSでの告白、「うれしい」より「嫌」という声が圧倒的多数だった

2019.05.22

好きな人とお付き合いするためには、愛の告白が欠かせない。そのもっともオーソドックスな方法といえば、今も昔も「直接会って告白」だろうが、通信・ネット技術が発達した今の時代、そのやり方は多様化している。

そこで今回、エン婚活エージェントによる20~50代の男女560人を対象にした「告白の方法」に関するアンケート調査の結果が発表されたので、紹介していきたい。

女性の約6割、男性の約9割が「自分から告白したことがある」

最初に、「自分から告白したことがあるか」を尋ねる調査が行われたところ、女性の約6割、男性の約9割が自分から告白した経験があると回答した。

次に自分から告白をしたことがある人にその手段を尋ねる調査が行われると、ダントツで「直接会って告白」が多く、「メール」「電話」「手紙」が続いた。

若年層ほど少ない「ラブレター体験」

ラブレターを書いたことがある人は、女性で約4割、男性で約3割と少ないことが明らかに。ラブレターをもらったことがある人は、男女とも約4割だった。

年代別に「ラブレターを書いたことがある・もらったことがある」人を見てみると、20代・30代に比べて、40代・50代の方が、書いたこと・もらったことの両方が多いという結果が出た。

初めてラブレターを書いた時期、もらった時期では、「小学生」「中学生」がともに1.2位だった。社会人になってから初めてラブレターのやりとりをする人が多いことも明らかに。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。