人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

来年から始まる教育改革について半分以上の保護者が始めている準備TOP3

2019.05.21

2020年から始まる教育改革。小学校高学年で「外国語」が必修化し、「プログラミング教育」が導入されるなど、様々な新たな試みがスタートする。しかし実際のところ、保護者の方々はどの程度、この「教育改革」について理解しているのだろうか?

そこで今回、明光義塾による、小学生3~6年生の子どもを持つ保護者400名と中学生の子どもを持つ保護者400名、計800名を対象にしたアンケート調査が行われたので、紹介していきたい。

「教育改革」に伴う授業内容の変化に不安アリ! 78%の保護者が子どもの勉強時間を増やす必要があると感じている

小学3年生から中学3年生までのお子さまを持つ保護者男女800名を対象に、「教育改革」に伴う学校の授業の変化に関して、お子さまの勉強時間を増やす必要があると思うかと尋ねる調査が行われたところ、「増やす必要があると思う(34.2%)」、「どちらかというと増やす必要があると思う(43.8%)」と合わせて78%の保護者が子どもの勉強時間を増やす必要があると感じていることが分かった。

Q.あなたは「教育改革」に伴う学校の授業の変化に関して、お子さまの勉強時間を増やす必要があると思いますか?(n=800・単一回答方式)

教育改革を「知っている(73.3%)」、教育改革を「内容まで理解している(35.2%)」

2020年より「教育改革」が本格的に実施されることを知っているか、また、その内容を理解しているか尋ねる調査が行われたところ、最も多かった回答は「知っているが、理解はしていない(38.1%)」だった。

「知っていて、よく理解している(12.4%)」、「知っていて、どちらかというと理解している(22.8%)」と合わせると、「教育改革」の本格的な実施を知っている保護者は全体の73.3%。「教育改革」の内容まで理解している保護者は35.2%という結果になった。一方で教育改革自体全く知らないと回答した保護者も26.8%存在することが明らかに。

Q.あなたは2020年より「教育改革」が本格的に実施されることを知っていますか? また、その内容に関して理解をしていますか?(n=800・単一回答方式)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。