人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.21

メイクをすべきだと思う職業ランキングTOP3

「化粧をしたくないスタッフはノーメイクで勤務することができる」

先日、イギリスの航空会社がこのような指針を打ち出して話題を呼んだ。日本では「仕事場で女性がメイクをするのは常識」と考えられているが、実際のところはどうなのだろうか?

そこで今回、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」による「仕事中におけるメイク」に関するアンケート調査の結果が発表されたので、紹介していきたい。

男性よりも女性の方が「メイクすべき」と回答。

「どんな職業でもメイクはすべき」、「職業によってはメイクすべき」いずれも女性の方が割合が高くなっていた。女性の方がノーメイクで仕事することについて厳しい意見を持っている人が多いようだ。

男性が思うほど、女性はメイクに不公平さを感じていない?

 男性は「感じる」「感じない」ともに29.1%と同率になった一方で、女性は「感じる」が31.1%、「感じない」が36.6%と感じない人の方が多い結果に。意外にも実際にメイクをする女性の方がメイクに対する不公平さは感じていないようだ。

ノーメイクで出社している女性、「好印象」が「悪印象」を上回る結果に!

「悪印象」と回答したのは1割以下、更に13.1%の人は「好印象」と回答した。“男性はノーメイクの女性が好き”とよく言われるが、どうやら本当なのかも知れない。

 一方、「悪印象」と答えた男性の理由としては、男性も髪や髭を整えているので女性も身だしなみの一つとしてメイクをしてほしいという意見が過半数を占めていた。

●「悪印象」の理由

・メイクをすることは女性としての身だしなみの1つだと思います。 反対に、男性も頭髪や髭を整えるといった身だしなみはして然るべきだと思います。(30代・男性)
・女性はより美しくあってほしい。(50代・男性)
・ルーズな印象を抱く。(40代・男性)

メイクをすべき職業、1位は「受付・窓口対応」

「メイクをすべき職業」について尋ねる調査が行われると、1位は「受付・窓口対応」(83.9%)、2位は「キャビンアテンダント」(80.3%)、3位に「接客業」(78.5%)がランクインした。やはりお客様と対峙する業務が上位に入る結果となっている。

また、男女間で最も差があったものは「社内事務」(男性:3.6%、女性:26.6%)となっていた。

※旅行サイト「エアトリ」調べ

■調査概要
調査タイトル:「仕事中におけるメイク」に関するアンケート調査
調査対象:20代~70代の男女616名
調査期間 :2019年4月25日~5月3日
調査方法 :インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ

出典元:株式会社エアトリ
https://www.airtrip-corp.com/news/2019/2636/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。