人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

精神科医がアドバイス!5月のプチ不調を簡単に解消するリラックス法

2019.05.22

連休疲れと共に、5月病や6月病など、プチ不調が起こりがちな今の時期。そんなプチ不調は、3つの「R(レスト・リラックス・レクリエーション)」で対処することを勧めるのが精神科医の古賀良彦先生。オフィスで行う方法など、ビジネスパーソン向けの実践方法を聞いた。

身体的原因が不明なプチ不調

古賀先生によると、プチ不調は感じているものの、身体的原因がわからないこともあるという。そのような場合には、心理的、あるいは社会的な要因によって不調が生じていることがあると話す。

「一般に身体の不調はなんらかの身体的な原因によって起こると思われていますが、原因がなく、心理的あるいは社会的な要因によって体の症状が起こることも決してまれではありません。このような身体的な障害は『心身症』といわれます。

主な要因としては、職場や地域におけるトラブルや、介護や子育て、家計など家庭での問題など。職場でのトラブルとしては過重な仕事、人手不足、上司によるパワハラ等があります。働く人の『心身症』は、このような要因によってストレスが生じ、それに上手に対処しきれないためにストレスが積み重なり、身体のバランスが乱れることによって生じるものと考えられます」

心理ストレスが脳へ負担になり腸にも影響

古賀先生によると、心理的ストレスは腸にも影響が出ることもあるという。

「社会人は一定のリズムで働いていると、ストレスを感じることが少ないとされています。ところが、今年の連休のように、あまり経験したことがないような長い休暇があり、その後仕事に戻ると、さまざまな体の不調が生じてくることが少なくありません。

不調の中で特にみられるのは、下痢や便秘です。『脳腸相関』といって、脳と腸の働きは自律神経を介して密接なつながりがあります。仕事の再開に伴い生じた心理的なストレスは、脳の機能に負担を与え、それが腸の働きを乱し、下痢や便秘を生じさせることがあります」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。