人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

事前に知っておきたいリボ払いの手数料の仕組み

2019.05.22

クレジットカードの支払い方式の一つであるリボ払い。月々の支払い額をあらかじめ決められるのはメリットではあるが、利用代金に加えて支払期間に応じた手数料も負担することになる。そのため、総額の支払い額が増え、金額によってはかなりの借金を抱える可能性もある。そこで今回は事前に知っておきたいリボ払いの手数料の
仕組みについて説明していく。

リボ払いとは?

まず始めに簡潔に説明すると、リボ払いとは月々の支払額を決められるクレジットカードの分割払い方法である。毎月の支払額(元本返済額+手数料額の合計)を一定におさえることができ、支払い計画が立てやすいというメリットがある。一方で繰り返しにはなるが、分割払いなので利用代金に加えて支払期間に応じた手数料も負担することになる。

リボ払いの手数料の仕組み

リボ払いには大きく分けて、支払残高の大きさに関係なく毎月一定額を支払う「定額方式」と支払残高に応じて毎月の支払額が段階的に増減する「残高スライド方式」の2種類がある。

定額方式の場合は、繰り返しの利用でリボ残高が増えても、毎月の元本返済額は変わらない。しかし、支払い期間が伸びることになるので、手数料の負担が大きくなる。また、残高スライド方式の場合は、残高が10万円以下の場合は毎月の支払い額が3千円+手数料、10万円~20万円の場合は6千円+手数料といったように増減する仕組みだ(※業者によって基準は異なる)。

リボ払いの手数料は高いのか?

現在、リボ払いの金利は一般的にどのクレジットカード会社も横並びで15%に定めている。この“15%”という数字はあくまで年利であり、1年間、お金を借りたままにした場合にかかる手数料の比率である。例えば半年で返済した場合には7.5%、4か月で返済できた場合には1/3の5%…といったように、返すタイミングが早ければ負担する割合も減少する。ただし年利15%は消費者金融から借金をするときに支払う金利とほぼ同じ割合であり、法律上(賃貸業法)の上限となっている数字である。

手数料をシミュレーション

ここまではリボ払いの手数料の基本について説明してきたが、この先は具体的な支払いシミュレーションも踏まえながら、手数料額(金利や利子)を想定していく。

まず、楽天カードのリボ払いを例に挙げてシミュレーションしていく。楽天カードのリボ払い手数料15%で、定額方式(より詳細に言えば、元金定額方式)となっている。5万円を毎月2万円ずつ返済した場合をシミュレーションしてみると手数料は以下のように想定される。

【1か月目】
リボ残高:5万円
リボ手数料:5万円✕15%÷12か月=625円
支払額:2万625円
   ↓
【2か月目】
リボ残高:3万円
リボ手数料:3万円✕15%÷12か月=375円
支払額:2万375円
   ↓
【3か月目】
リボ残高:1万円
リボ手数料:1万円✕15%÷12か月=125円
支払額:1万125円

すなわち、総支払額は、5万1125円となり、毎月の返済額は少なくて済むが、一括払いに比べると1125円分多く支払う必要があるということになる。また、リボ残高に応じて手数料が発生するので、支払期間前半のほうが負担が大きくなるという点もあらためて分かるだろう。

「リボ払いやばい」と言われる理由

「リボ払いはやばい」という話を皆さんも一度は聞いたことがあるのではないだろうか? このように言われる理由の一つとして、リボ払いはその仕組み上、最終的な返済額が多くなってしまう傾向にあるからだ。というのも、リボ払いの最大の特徴は返済額が優先して利息に充てられるからだ。そのため、借入残高(元金)がなかなか減らない状態に。そして利息は毎月計算されるため、なかなか元金が減らずに毎月多くの利息があらためて計算されるという悪循環に陥ることになってしまう。

一括返済も可能

リボ払いは一度月々の返済額を設定したら、返済終了までそのまま継続しなければいけないというわけではない。余裕がある月は前倒しで返済するという選択肢も用意されている。すなわち、買い物をした時にはお金がなくても、「収入のめどが立ったら一度に返す」といった一括返済の方法も選ぶことができる。

初回手数料無料のカードも存在

クレジットカードのリボ払いは、金利が発生するタイミングがクレジットカード会社によって違う。最初の1か月は利息が発生しないものもあれば、買い物した瞬間から利息が発生するものもある。

リボ払いは損なのか?

上記で説明したように、リボ払いというと「支払いが膨れ上がるから危険」というイメージが大きいが、収入状況に応じて返済額を調整できるメリットがあると捉えることもできる。前倒し返済をすれば手数料も少額に抑えることが可能なので、損をしないためにも賢く利用することが大切だ。

文/praia

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。