人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自転車に乗ってキャンプに行こう!サイクルツーリズムとキャンプの楽しさを満喫できるイベント「BIKE & CAMP 3 THE FINAL」開催

2019.05.18

 

自転車サイクルツーリズムの増加傾向にある日本

 昨今、自転車での観光が少しずつ拡がっている。広島県と愛媛県を島と橋でつなぐ、しまなみ海道や茨城県の土浦から伸びるりんりんロード、霞ヶ浦一周道路、静岡県の浜名湖一周や滋賀県の琵琶湖一周など。歩くには少しキツイが、自転車であれば移動距離が伸び、車では入っていけないところへも気軽に入っていける。

 そういった観点から観光と自転車は親和性があるということで、各自治体が力を入れている。また、E-BIKEをはじめとする電動アシスト自転車の定着によって、高齢の方や、女性、子供、身体にハンデを抱えている人など、色々な人が自転車という乗り物で移動することに抵抗がなくなってきているとも言える。

 そんな自転車ツーリズムが発展しているものの宿泊施設が足りていないという状況。自転車を置ける場所がまだ整っていないというのもある。そして、ここ最近は、空前のキャンプブームでもある。

 では、自転車にキャンプ道具を満載にしてキャンプ場に宿泊してみたいという人を後押しするイベントがあればどうだろうか? また自ら海外20か国以上を自転車で旅した経験から、自転車を旅の乗り物として捉えることができ、皆で集まれるような場を提供したいというふたつの思いから、3年前にスタートした。ツーリング向けの自転車がなかなか店舗で見られないという葛藤があり、試乗車を一同に集めたいという気持ちも強い。

 ロードバイクやシクロクロスなどの競技としてのイベントは年々増えているものの、家族とのコミュニケーションとして、また、これまでレジャーとしての自転車とキャンプのイベントが日本に無かったというのもやる意義だと思っていた。

神奈川県でシコーバイシクルサービスを営む佐々木さんごご家族。

三重県のいなべ市というサイクリストの聖地がある

 場所は三重県のいなべ市。名古屋から自転車で走れば3時間から4時間。自転車のタイヤを外して鉄道に載せる輪行でギリギリまで行けば、伊勢治田駅から約5分のところにある青川峡キャンピングパークがそのイベント会場。いなべ市は日本でもっとも大きいロードレース、ツアーオブジャパン のステージレースの一部になっていて、自転車乗りたちの憧れの地でもある。また食べ物がとても美味しく、さくらポークという美味しい豚肉が有名だったり、上馬ビールという地ビールがあったり、身体が温まる阿下喜温泉、古民家を改築した上木食堂など日本の古き良き景色と田園風景が残っている地でもあり、自転車で走っても飽きることがない。

 また、名古屋を中心とした東海地区は車に自転車を載せて、山に走りに行ったり、海沿いを走ったり、湖畔沿いを走るといった文化がある。また、不思議なことにアメリカのように家族が集まって、野外でBBQをやるというアウトドアカルチャーもある。

 であれば、自転車でそのまま旅先へと行って、テントを張り、焚き火を囲んで、仲間と、または家族と語らう場所さえあれば、それはきっと素晴らしい時間の共有になり、自転車という「個」の乗り物が「輪」になるのではないか。

 前述のキャンプ場は週末にもなると数か月前から予約が殺到する日本でも屈指の人気キャンプ場で、数多くのアウトドアイベント、展示会、講習会などが行われる。

 清らかな青川の流れる音、岩肌が見える凛々しい山々、そして整った芝生。コテージやバンガローもあり、コインランドリーや内風呂まであり、初心者キャンパーには願ったり叶ったり。自転車で初めてキャンプをするという人にも安心できる場所だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。