人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.17

みんなが仕事中にやっている健康のための行動、3位「なるべく階段を使う」、2位「伸び・屈伸」、1位は?

オフィスは仕事をする場所。そのため、健康や体調管理を意識することはあまりない。しかし、1日中座りっぱなしの状態が健康に良いはずもない。

そこで今回、オフィスワーカー1,000名を対象にした「デスクワークの実態と健康意識」に関するアンケート調査の結果が発表されたので、紹介していきたい。

オフィスワーカーの約9割が、日常的に「勤務時間中」に健康や体調管理を意識していない

最も意識している時間帯は「帰宅後から就寝まで」で約4割となった。一方、「出勤中」「勤務時間中」「通勤から帰路につくまで」「帰宅中」はそれぞれ1割強と、出勤前や入浴時に比べ意識が低いことが明らかに。

Q. あなたが日常的に健康や体調管理を意識している時間帯(シーン)はいつか?

勤務時間中に行う運動は「肩や首を回す」「伸びや屈伸」など自席周りでの行為が中心

オフィスワーカーが勤務時間中に行っている行為としては「肩や首を回したり、押したりする」「伸びをしたり、屈伸をしたりする」が約4割と、すでに疲れた身体をほぐす自席の周りでできる行為が上位に上がっている。

Q. あなたが勤務時間中に、健康や体調管理のために行っていることはあるか?

一方で、何も行っていない人の理由としては、「仕事に集中したいから」「つい忘れてしまうから」といった、業務と健康意識の維持を共存させることが難しい状況にあることも判明した。

Q. 行っていない理由は何か?

オフィスワーカーの約9割が、「体調や健康管理のために勤務時間中を活用したい」と回答

体調や健康管理のためになかなか活用できていない勤務時間だが、実は活用したいというニーズは約9割に及んでいる。「積極的に活用したい」も3割と多く、長く過ごす勤務時間だからこそ、上手に活用したいという理想と現実との乖離が浮き彫りになった。

Q. あなたは健康や体調管理のために勤務時間を活用できたらいいと思うか?

<調査概要>
○調査名:デスクワークの実態と健康意識に関する調査     
○調査方法:インターネット調査
○調査期間:2019年3月8日~3月11日              
○調査対象:1都2府5県※1に勤める20代~60代の男女
○有効回答数 :1,000名<オフィスワークを主とする職種※2 かつ勤務中の1日あたりの着座時間4時間以上>
※1東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県
※2営業、事務(一般企業、公務員)、エンジニア・設計、研究職、デザイナー、クリエイター、専門職

出典元:コクヨ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。