人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パンや麺の材料にも使える注目の食材「ライスジュレ」って何?

2019.05.20

ライスジュレ

 小麦などに含まれるタンパク質のグルテンを抜くため、小麦を別の食材に置き換える健康法「グルテンフリー」が注目されているが、今、関心を集めているのが、米と水だけで作られた新食材『ライスジュレ』。米粉を使ったグルテンフリーのパンや菓子はパサつきがちだが、『ライスジュレ』を加えることでもちもちの食感に。ほかにも小麦なしでホワイトソースや麺類が作れるなど、幅広い料理に応用できる期待の食材である。

 販売するのは、農業機械の製造販売を行なうヤンマー。なぜ、機械メーカーが開発に至ったのか。ヤンマーアグリイノベーションの井口有紗氏に聞いた。

「日本の米の生産量は2013年から4年間で約78万t減少しました。米農家の減少や収入減が問題視される中、米に新たな付加価値を創出できないかと、開発が始まりました」

 食品メーカーの関心も高い。

「『ライスジュレ』の高い保水性や乳化性、粘性、ゲル化などの機能は、食品添加物の代替にもなります。そのため、添加物フリーの食材製造を目指すパンや製菓、加工食品メーカーの方々からもお問い合わせいただいています」

 日本人になじみ深い〝米〟が持つ、意外な新機能に注目したい。

 現在は小麦アレルギーの人、ダイエットへの関心の高い人を中心に注目されているが、今後は添加物フリーを実現する新素材として、食品業界に革命を起こすかも?

ライスジュレ使い方は、ライスジュレ本体を電子レンジなどで温めた後、トロトロのジュレ状になるまで混ぜるだけ。1パック300gで540円。

ハンバーグやホワイトソースハンバーグやホワイトソースなどのつなぎ代わりに入れると、ふわふわの食感に。

取材・文/藤村はるな

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。