人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

共働き夫婦に調査!子どもの食事の世話、おむつ交換、入浴、パートナーより上手なのはどっち?

2019.05.17

近年、「共働き家庭」は増加傾向にある。内閣府男女共同参画局「男女共同参画白書」平成30年版によると、平成29年には1,188万世帯にも及び、もはや当たり前のライフスタイルとなっている。

そこでパナソニックは、共働きで育児を分担して行っているパパママ500名を対象に調査を実施。この調査により、の結果、パパママ間の育児の得意分野の違いや、「子供の寝かしつけ」に課題を感じる方が多いことが判明した。

共働きパパママの「育児五番勝負」

はじめに、「食事の世話」「オムツの交換・トイレトレーニング」「入浴の世話」「絵本の読み聞かせ」「遊び相手・話し相手になる」という5項目について、主にパパママのどちらが担当しているかを聞いた。

その結果、パパママの担当率で最もギャップが大きかったのは、「食事の世話」(パパ担当:13%、ママ担当:67%…54pt差)。「オムツの交換・トイレトレーニング」(パパ担当:8%、ママ担当:48%…40pt差)、「絵本の読み聞かせ」(パパ担当17%、ママ担当:48%…31pt差)が続き、いずれもママの担当率が大きく上回っている結果となっている。

しかし、「入浴の世話」(パパ担当:42%、ママ担当:33%…9pt差)だけはパパの担当率がママを上回っており、唯一“一勝”となった。

また、「パートナーよりも得意だと感じる育児」に関しても同様に、「入浴の世話」(パパが得意:46%、ママが得意:38%…8pt差)でパパが辛くも勝利。「子どもが多少暴れても洗えるから」(28歳・パパ)などのコメントも見られ、パパの腕の見せどころになっていることがわかる。

しかし、「入浴の世話」以外の4つに関してはママが勝利し、結果はママの「四勝一敗」。この「育児五番勝負」では、もう少しパパたちが頑張りを見せたい結果になったといえるかもしれない。

■寝不足経験も半数超、パパママが子どもに望むこと1位は「夜になったらすぐ寝つくこと」 

続いて、共働きパパママならではの育児に関する悩みを調べた。「子どもがもっとこうなってくれたらいいのに」と思ったことをきくと、1位は「夜になったらすぐ寝ついてくれること」(53%)。

2位の「ごはんを好き嫌いせず食べてくれること」(43%)や、3位の「おもちゃなどの後片付けをしてくれること」(41%)を10ポイント以上も上回り、「お子様の寝つき」に関する悩みの深さがうかがえる結果となっている。

特に翌日も仕事がある場合などは、パパママ自身が寝不足になるケースも多いようで、子供が寝つかないことで翌日の仕事に支障が出るなど困った経験があるか聞くと、52%と半数超が「ある」と回答。

「ずっとぐずっているので私が寝不足になり、仕事で凡ミスを繰り返した」(49歳・ママ)、「締め切りがある仕事をかかえていたにも関わらず、子どもたちの寝付きが悪くて仕事の取りかかりが遅くなった。結局、夜遅くなっても終わらなかった」(45歳・パパ)など悩みの深刻さを感じさせる声が集まった。

調査概要
調査対象:10歳以下のお子様をお持ちで、育児をパートナーと分担していると回答した20~40代既婚正社員男女 500名
※性年代別均等割付
・調査期間:2019年2月18日(月)~2月20日(水) 

関連情報/https://panasonic.jp/light/yomikikase.html
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。