人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

働きやすい業界ランキング、電気・ガス業界と医薬品業界が1位に

2019.05.17

近年、国の「働き方改革」という旗振りの下、育児や介護との両立などを意識した労働環境の整備が進行している。働く人の多様なニーズに合わせたワークライフバランスを整えやすい環境づくりは、今や会社を選ぶ側・選ばれる側双方にとって重要なファクターとなっているといえそうだ。

そこでキャリコネは、ユーザーから寄せられた評価をもとに「働きやすい業界ランキング」を発表した。

安定して長く働ける管理された労働環境が高評価

ランキング上位は、どの業界も労働時間の上限を設けているだけでなく、サービス残業にならないような管理体制がしっかり整っている傾向にある。また、有休消化も推奨されていて、仕事とプライベートの両方を充実させやすいこともランキングを上げる後押しになっているようだ。

1位の電気・ガス業界はもともと公共性が高く、「年功序列」「報酬は公務員と同じ」という口コミも見られた。残業時間の管理体制や有休の利用のしやすさのほか、東京ガスや大阪ガスなどで産休・育休制度や利用後の働きやすさの面で女性が長く働き続けることができる体制が整っていることが評価につながった様子。働き方は本社と支店で差があるようですが、安定的にバランスよく働けそうな業界だろう。

一方、同点1位の医薬品業界は、ファイザー、第一三共など外資系企業、国内企業を問わず高い給与水準と手厚い福利厚生が高評価につながっている。命に携わる仕事の一翼を担うため、やりがいという面でもモチベーションを保ちやすいようだ。また、ノバルティス ファーマなどでは、女性の産後の復職支援や、出産後にも働きやすい時短勤務の導入のほか、管理職への登用に積極的。女性が働くための環境づくりが充実している点も評価が高い部分。

トップ10にランクインした業界に属する企業の口コミ

1位:電気・ガス業界(総合評価:3.24)

「ガス小売全面自由化に伴い会社全体として業務効率化を意識した残業時間削減に取り組んでいます。ミーティングや業務手順は定期的に見直しを行い、不要な業務は積極的に廃止しているので、事業所にもよると思うがワークライフバランスは非常にとりやすい」
(東京ガス/技術関連職/20代後半男性/年収500万円/2018年度)

1位:医薬品業界(総合評価:3.24)

「最近は女性MRが増えてきました。目指す政府の方針もあり、女性管理職の育成に意欲を感じます。女性でやる気がある人には追い風の状況だと思います。面談や社内システムにて希望を聞かれますので、実力があれば比較的抜擢されやすいタイミングだと感じます」
(アステラス製薬/ルートセールス/30代前半女性/年収900万円/2015年度)

3位:電気機器業界(総合評価:3.17)

「残業は月に20~30時間程度、上限は月40時間で管理されています。また、勤怠時間と出退勤時間が1時間以上ずれると人事から指導が入るシステムになっているので、サービス残業ができない仕組みも整っています。休日出勤もよほどのことがない限りは発生しません」
(オムロン/購買・資材/30代前半男性/年収520万円/2017年度)

4位:輸送用機器業界(総合評価:3.15)

「社員寮、社宅があり、格安の家賃で過ごすことができます。寮は大浴場、食堂もあり、家に帰って寝て過ごすだけなら十分。職場単位で年何回か飲み会や慰安会などのレクがあります。祭りや運動会、駅伝大会など会社全体でのイベントもあり、親交を深める機会は数多くあります。また、シャインズという福利厚生施設には、社員と家族しか利用できないレストランやジムがあります」
(豊田自動織機/研究開発/30代前半男性/年収700万円/2016年度)

5位:リース・消費者金融・クレカ・信販業界(総合評価:3.14)

「クレジットカード会社はほとんど同じだと思いますが、年中無休で営業しているためシフト制の勤務体系をしっかりとっています。そのため、休日出勤することはほとんどありません。残業時間も、コンプライアンス重視で何十時間も残業することはありません。平均して月間30時間弱くらいです」
(クレディセゾン/カウンターセールス/30代前半男性/年収450万円/2016年度)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。