人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

作ったのは九州電力!好きな名前を付けて声や話し方を選べるAIスピーカー「QuUn」

2019.05.26

選べる2つの新料金プラン

 初期費用は一律3240円(税込以下同)。利用内容に応じて機器購入代、月額料金から成っている。「スタトクプラン」はすべての機器購入料金が0円で、「ツキトクプラン」は機器購入料金が必要な分だけかかるが、月額利用料金がお得になる。利用機器によって異なるが「スタトクプラン」にメリットを感じる人は多いのではないかと九州電力は話す。ただし「スタトクプラン」は2年間の縛りがあり、期間内の解約では違反金が発生する。

 料金の一例では「スタトクプラン」でキューンボイス、キューンオートメーション利用の場合は初期料金のほか、月額利用料は755円。キューンボイス、キューンセーフティ利用でAIスピーカー1台、機器類11台の場合、「スタトクプラン」では初期費用のほか月額2911円となる。

【AJの読み】初めてのスマートスピーカーとしては使いやすそう

 日本では2017年から発売が開始されたスマートスピーカー(AIスピーカー、音声スピーカーなどメーカーによって呼称は異なる)だが、認知度が約60%あるにもかかわらず、日本での普及率は約3%にとどまっている。外国勢の「Google Home」「Amazon Echo」が人気だが、日本発としては価格が安くLINEの無料通話が使える「LINE Clova」や、音響メーカーの製品も出ている。

 スマートスピーカーを選ぶ基準は音楽重視、家電コントローラといった機能重視と人ぞれぞれだが、キューンはサービスを一通り網羅し、電力会社ならではの電気使用量や料金の管理までこなす。料金的にも機器購入費無料の「スタトクプラン」もあり、初めてのスマートスピーカーとしては使いやすい仕様になっていると思う。ただ、日本人の感性に合うAIスピーカー=自分好みのキャラが作れるというのは「へ?」という印象があるけれど……。

文/阿部 純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。