人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

作ったのは九州電力!好きな名前を付けて声や話し方を選べるAIスピーカー「QuUn」

2019.05.26

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

九州電力がAIスピーカーを作ったワケとは?

 昨年7月から九州でサービスを開始した、オリジナル音声AIを活用したIoTサービス「QuUn(キューン)」。九州電力が提供するサービスで、新料金プランと新サービスで5月から全国展開を開始。九州電力と電気契約がなくても利用することができる。

「グループ全体のイノベーションを推進し、新たな事業やサービスを生み出す、未来の事業を創成する取り組み『KYUDEN i-PROJEC』から生まれたのが、当社独自に開発した音声AIを中心にしたサービスのキューン。昨年に九州エリアからスタート、ユーザーの声を反映させて新サービスで全国展開を開始する。

 AIスピーカーは海外ブランドが有名だが、日本人の感性に合うように、日本ならではの機能を取り入れた、日本人のためのAIを目指した。キューンがみなさまの生活の中に一歩入ったサービスを提供するゲートウェイとしての活躍を期待している」(九州電力 代表取締役 社長執行役員 池辺和弘氏)

 キューンが展開するのは5つのサービス。自分だけのオリジナルAIが作れる「キューンボイス」。キューンの音声AIは同社が独自に開発したもので、日本人の感性に合うことを最大の目的にしている。標準ボイスの「ハロミント」は人気声優の雨宮天を採用。声も話し方も違う6種類のキャラクターから選択でき、名前を付けて自分だけのオリジナルAIができる。アニメなどのキャラクターをそのままボイスにして一緒に生活しているような感覚を楽しめる「キャラクターボイス」もあり、第一弾として「妖怪ウォッチ」のウィスパーのサービスを開始した。

 無料で設定不要の音楽サービスは7万曲以上のBGM音源で、ポップス、ジャズ、ロック、R&B、クラシックなどジャンルも多岐に渡り、新曲も随時追加していく。

「キューンオートメーション」は声で家電を動かすスイッチとしての機能。家電を買い替えることなく赤外線コントローラを置くだけで、エアコン、テレビ、照明の操作が可能だ(赤外線リモコン対応家電のみ)。今後は対応家電も拡充予定とのこと。キューンのアプリを使ってスマホでもできるので外出先からの操作も可能。エアコンはAIが各家庭の快適な温度と湿度を学習し、温度設定を最適化するお任せモードを備えている。

 24時間家を守る「キューンセーフティ」は、家の中に複数のセンサーを設置することで、外出中、在宅中も24時間監視モードで対応できる。家族世帯だけではなく、一人暮らしにも安心、安全が得られるサービス。センサーが侵入者を察知するとスマホに通知。不安に思ったらセコムと連携した駆けつけサービスを依頼することができる。セコムの駆けつけサービスは月額料金が不要で、依頼したときだけ料金が発生する。間取りによりセンサーの数を調整できるので各家庭に合わせた料金を設定できる。

 離れて暮らす家族を見守るのが「キューンファミリーリンク」。離れて暮らす高齢の家族などの電気の使い方を見守る家族に毎日知らせて、生活に変化がないかを確認する。もしものときは非常ボタンがあるのでそれを推すと家族のスマホに通知され、セコム駆けつけサービスを依頼できる。

 電気使用量を管理してくれる「キューンエナジー」では電気の使い方を見える化し、電気の使用量と電気料金を管理。よりスマートに電気を使うサポートをする。

 さらにAmazon Alexaとの連携も開始。手持ちのAmazon Echoとキューンの赤外線コントーラを組み合わせ、エアコン、テレビ、照明のオンオフ、温度や湿度設定、チェンネル、音量操作などを行う。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。