人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10分で2時間分の睡眠に匹敵する“屍のポーズ”で安らかに昇天!?「ホッと一息ヨガ」体験レポート

2019.05.22

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

無理せずにできるところまででOKの“あるがままの自分”を受け入れるヨガ

 ヨガ&ピラティススタジオ「スタジオ・ヨギー」では、人気ヨガインストラクターのマレさんが考案した「ホッと一息ヨガ」を、期間限定で実施している。「ホッと一息ヨガ」は、シンプルなポーズとともに、10分で2時間分の睡眠に匹敵するヨガポーズ「シャヴァ・アーサナ」を組み合わせた、疲労した頭と身体を休めてリフレッシュすることを目的とした内容となっている。

「シャヴァ・アーサナ」は通称“屍のポーズ”とも言われ、「即寝落ち」とSNSでも話題になっている。リラックスを司る副交感神経の働きを優位にし、血圧と心拍数を下げ、恒常的な健やかさを保とうとする身体のシステムに働きかけることで、リラックス効果は10分間で2時間分の睡眠に相当するとも言われている。季節の変わり目に乱れがちな自律神経のバランス調整、睡眠の質の向上、呼吸が楽になるなどの効果が期待できる。

 初心者でも無理なくできるポーズで構成されており、身体が硬い、運動不足、体力に自信がないという悩みを持つ人でも、ヨガ未経験者や男性でも、気軽に体験できるプログラムになっている。

 私自身、フリーランスで休みはほとんどなく、取材以外の時間は不動のままパソコンに向かって執筆、加齢も加わり睡眠の質は悪化の一途をたどっている。運動不足で身体がバキバキに固まっている状態を整体やら鍼でなんとか保っているが、“屍”になることでどこまでリラックスできるかな?と「ホッと一息ヨガ」に挑戦することにした。

 有楽町にある「スタジオ・ヨギーTOKYO」を訪ねた。明るく開放感のあるレセプションで、おしゃれなヨガウエアや、暮らしのアイテムまで揃えたセレクトショップ「style yoggy」も併設されている。

 毎週水曜日、木曜日(詳しいスケジュールは公式サイト参照)に実施されているクラスに参加した。ヨガは未経験で、写真でよく見るようなポーズなんてできないが……と不安が頭の中で渦巻く。どんなことをするのかだけでも先に訊きたいと、今回担当していただいたインストラクターのマリコさんに「ホッと一息ヨガ」の内容を伺った。

「このプログラムは休むことを目的にしています。現代人は忙しくスケジュールはぎゅうぎゅう詰めで、自分のことは後回し。あえて休む時間を作り、休息の質を高めることで、休んだ後にしっかりと活動ができるような内容を心がけています。

 60分のクラスで前半は無理なくできる簡単なポーズで体を動かし、後半は休むポーズを取り入れています。ヨガのポーズは筋肉を使って体を支えるというものもありますが、後半に入れているのは、ボルスター(長枕)などの道具に身体を委ねてポーズを深めるタイプ。最後は“シャヴァ・アーサナ”というあお向けの状態で何もしない休息のポーズを行います。休むだけというのは実は難しく、力を抜けない人も多いので、あえて前半は難しくないけれど動きのあるポーズを入れて、体側を伸ばしたり、普段はあまりしないねじる動きなどで肺が十分に動くようにします。肺が働くと呼吸も深まり、しっかり休めるようになるので、疲れも取れやすくなります。

 このクラスでは、お手本と同じようにしなくてもいい、他の人と比べることもしなくていい、できなかったら自分がやりやすいやり方で、できる範囲で大丈夫、と声をかけています」(マリコさん)

 あるがままの自分を受け入れ「何もしない」「何も達成しない」時間を作るということが目的とのこと。みんなができているのに自分だけはできないと他の人を意識する必要もないと聞き、ちょっとホッとした気持ちになってスタジオに入った。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。