人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

用途別のおすすめキーボード12選!iPhoneで使えるものからメカニカルタイプ、ゲーミング用まで

2019.05.20

キーボード選びは、PCでの作業効率を向上させるために欠かせないアイテムの一つ。多くのキーボードが出回っているが、「使用する場所」「用途」を明確にし、特徴を比較すると自分に合ったものを選びやすい。

本記事では、スマホ対応・有線タイプ・メカニカル・ゲーミング、それぞれのおすすめキーボードを紹介する。まずは「持ち運び前提/自宅・会社用」「仕事用/私用・ゲーム」かをイメージして、各製品の特徴をチェックしてみよう。

【目次】

Android・iPhoneなどのスマホで使えるおすすめキーボード

有線タイプのおすすめキーボード

おすすめメカニカルキーボード

おすすめゲーミングキーボード

Android・iPhoneなどのスマホで使えるおすすめキーボード

はじめに、スマホ(Android・iPhone)で使えるおすすめキーボードを紹介する。「スマホの小さな画面ではタイプがしにくい・見えにくい」という方は、キーボードを合わせて携帯しておくのもいいだろう。

ELECOM ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01

ELECOM ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01

ELECOMのTK-FLP01は、パンタグラフ方式のワイヤレスキーボード。マルチペアリングに対応しており、ボタンで切り替えれば最大3台までのデバイスで使用できる。

二つに折りたたむことができ、持ち運び用の保護ケースも付属しているため、携帯用に最適だ。

出典 公式サイト|ELECOM ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01

 

アマゾンでの購入はこちらから

リュウド 折りたたみワイヤレスキーボード RBK-3000BT

リュウド 折りたたみワイヤレスキーボード RBK-3000BT

リュウドのRBK-3000BTは、折りたたみ式のワイヤレスキーボード。Andrioidスマートフォン・タブレット、iPhone・iPad・Macで使用できる。

キーボードを開くと自動で電源が入り、閉じるとOFFに。「自動再接続機能」により、1度ペアリングした機器ならキーボードを開き、任意のキーを押せば自動で再接続してくれる。

出典 公式サイト|リュウド 折りたたみワイヤレスキーボード RBK-3000BT

 

アマゾンでの購入はこちらから

Anker(アンカー) Ultra-Slim Bluetooth Keyboard

Anker Ultra-Slim Bluetooth Keyboard

AnkerのUltra-Slim Bluetooth Keyboardは、軽量でコンパクトなキーボード。従来のキーボードの3分の2程度のサイズになっているため、持ち運びしやすい。

単4形電池を使用し、3ヶ月以上使える省電力モードが搭載されているのも嬉しい。iOS・Mac・Android・Windowsで使用可能。

出典 公式サイト|Anker Ultra-Slim Bluetooth Keyboard

 

アマゾンでの購入はこちらから

有線タイプのおすすめキーボード

ここでは、有線タイプのおすすめキーボードを紹介する。ワイヤレスタイプのように電池やバッテリーを必要とせずに使用できるため、自宅や社内向きだ。それぞれの機能を比較して、自分に合ったものを選ぼう。

バッファロー BSKBU12BK

バッファロー BSKBU12BK

バッファローのBSKBU12は、水で洗えるキーボード。本体の背面には「水抜き穴」があり、水温50℃以下の水なら丸洗いができる。隙間の汚れを落とすためのクリーニングブラシも付属しているため、キーボードの汚れが気になる方におすすめ。

キートップの印字はレーザー刻印を採用しているため、耐久性があり洗っても文字が消えにくい。

出典 公式サイト|バッファロー BSKBU12BK

 

アマゾンでの購入はこちらから

東プレ REALFORCE TKL S / R2TLS-JPV-IV

東プレ REALFORCE TKL S / R2TLS-JPV-IV

東プレのREALFORCE TKL S / R2TLS-JPV-IVは、テンキーレスの省スペースキーボード。マウス操作のためのスペースを広く取りたい方、机の上をシンプルにしたい方におすすめ。5,000万回の「キー入力耐久試験」をクリアしており、耐久性も抜群だ。

出典 公式サイト|東プレ REALFORCE TKL S / R2TLS-JPV-IV

 

アマゾンでの購入はこちらから

サンワサプライ USBキーボードSKB-L1U

サンワサプライ USBキーボードSKB-L1U

サンワサプライのUSBキーボードSKB-L1Uは、価格が安いスタンダードキーボード。「メンブレン方式」を採用し、押し心地が深くしっかりとしているのが特徴だ。

余分なスペースが排除されたコンパクトなデザインなので、場所を取らないのも魅力。防水・防滴仕様ではないが、キーボード裏面から排水することができる。

出典 公式サイト|サンワサプライ USBキーボードSKB-L1U

 

アマゾンでの購入はこちらから

おすすめメカニカルキーボード

ここでは、おすすめのメカニカルキーボードを紹介する。上級者向けの機能が充実しているため、今よりも効率よく仕事・作業をしたい方は購入を検討してみよう。

オウルテック OWL-KB92BLJP

オウルテック OWL-KB92BLJP

オウルテックのOWL-KB92BLJPは、BKKailh社製のキースイッチ「青軸」を搭載したメカニカルキーボード。キータッチが軽いため、高速入力・長時間入力でも快適に使用できる。

「Nキーロールオーバー」に対応し、同時に複数のキーを押しても入力が認識される。打鍵回数5,000万回保証なので、長く使えること間違いなし。

出典 公式サイト|オウルテック OWL-KB92BLJP

 

アマゾンでの購入はこちらから

FILCO Majestouch 2 S CHERRY MX SILENTスイッチ・テンキーレス・US ASCII

FILCO Majestouch 2 S CHERRY MX SILENTスイッチ・テンキーレス・US ASCII

FILCOのMajestouch 2 S CHERRY MX SILENTスイッチ・テンキーレスUS ASCIIは、静音モデルのキーボード。静音スイッチを採用しており、周囲に人がいる場所でも使いやすい。

打鍵の際に振動・負荷を基板側でも逃すため、耐久性が高く、打鍵感が良いのが特徴だ。

出典 公式サイト|FILCO Majestouch 2 S CHERRY MX SILENTスイッチ・テンキーレス・US ASCII

 

アマゾンでの購入はこちらから

logicool K840 MECHANICAL有線キーボード

logicool K840 MECHANICAL有線キーボード

logicool(ロジクール)のK840 MECHANICALは、有線タイプのキーボード。丈夫なアルミニウム構造を採用し、耐久性も高い。ケーブルは1.8mで、USBポートに接続するだけですぐに使用できるのもポイント。

出典 公式サイト|logicool K840 MECHANICAL有線キーボード

 

アマゾンでの購入はこちらから

おすすめゲーミングキーボード

最後に、ゲーミングに最適なおすすめキーボードを紹介する。マウス同様、操作性の鍵を握る部分なので、それぞれの製品の特徴をしっかりと比較した上で、自身のプレイスタイルに合ったものを選ぶようにしよう。

Answer PS4/Wii U/Switch用 USBキーボード

Answer PS4/Wii U/Switch用 USBキーボード

AnswerのPS4/Wii U/Switch用USBキーボードは、コンパクトでシンプルなデザインが特徴。メンブレン方式を採用しているため、タッチが柔らかく、打鍵音が小さいのも魅力だ。

使いやすい角度を保ってくれるスタンドを使うのがおすすめ。

出典 公式サイト|Answer PS4/Wii U/Switch用 USBキーボード

 

アマゾンでの購入はこちらから

logicool G512 LIGHTSYNC RGBメカニカルゲーミングキーボード

logicool G512 LIGHTSYNC RGBメカニカルゲーミングキーボード

logicoolのG512 LIGHTSYNC RGBメカニカルゲーミングキーボードは、航空機グレードのアルミ合金を使用しているのが特徴の一つ。5052アルミ合金を採用し、高い強度と耐久性を実現した。

高度な設定をしたい方は、Logicoolゲームソフトウェアをダウンロードするのがおすすめ。

出典 公式サイト|logicool G512 LIGHTSYNC RGBメカニカルゲーミングキーボード

 

アマゾンでの購入はこちらから

HyperX ゲーミングキーボード Alloy FPS

logicoolのG512 LIGHTSYNC RGBメカニカルゲーミングキーボードは、航空機グレードのアルミ合金を使用しているのが特徴の一つ。5052アルミ合金を採用し、高い強度と耐久性を実現した。

高度な設定をしたい方は、Logicoolゲームソフトウェアをダウンロードするのがおすすめ。

HyperXのゲーミングキーボードAlloy FPSは、持ち運びに適したデザインが特徴。ケーブルは取り外しが可能だ。持ち運びを前提にしている方におすすめ。

強固なスチールフレームを採用し、耐久性にも優れている。赤いバックライト付きキーも魅力。

出典 公式サイト|HyperX ゲーミングキーボード Alloy FPS

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/久我裕紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。