人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

A380機のゲートに直結!ANAが新たにオープンした海外唯一の自社ラウンジの気になる中身

2019.05.22

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

ホノルル空港「ANA LOUNGE」の大きな窓からA380が一望できる

ANAは、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に5月24日の総2階建て飛行機エアバスA380型機の就航に合わせて、新しいラウンジ「ANA LOUNGE」と「ANA SUITE LOUNGE」をオープンする。ハワイの雰囲気の中に日本らしいあたたかみのある要素を取り入れることで、日本とハワイの双方のおもてなしが感じられるラウンジに仕上がっている。

海外の就航空港では唯一の自社ラウンジ、ゲートにダイレクトアクセスも魅力!

ANAにとっては、海外の就航空港では唯一の自社ラウンジとなり、エアバスA380機が使用するゲートとラウンジが直結しており、A380型機のファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスの利用者は、ラウンジから2階席に直接搭乗できる(C4ゲートからの搭乗の場合)。海外の航空会社ではルフトハンザドイツ航空がフランクフルト空港でラウンジからA380型機への直接搭乗ができるが、日本の航空会社としては初めとなる。早速、オープン前の新ラウンジを取材してきた。

「ANA LOUNGE」と「ANA SUITE LOUNGE」からはA380の2階席と直結しているので出発直前までラウンジで過ごすことができる。

搭乗手続きを済ませて保安検査場を通過した後、Cコンコース(エバ・コンコース)へ向かう。ANAのA380型機は「C4」もしくは「C9」のいずれかのゲートからの出発となるが、ANAのラウンジへ向かう場合には搭乗ゲートに関わらずC4ゲートを目指すことになる。A380型機以外の便では現在使用しているGコンコース(ダイヤモンドヘッド・コンコース)から出発する便もあり、その場合はゲート近くのユナイテッド航空のラウンジも使用できる。

C4ゲート近くのエスカレーターを上がった場所にラウンジの入口がある。

ANAのチェックインカウンター近くの保安検査場から10分ほど歩くとC4ゲート前にたどり着くことができる。途中には免税店やお土産としても有名な「ホノルル・クッキー・カンパニー」のお店もあるので、帰国前の最後のショッピングも楽しむことができる。逆にラウンジからショッピングエリアは離れているのでラウンジに入る前に買い物は済ませておくといいだろう。

Cコンコースの「C4ゲート」前にはエスカレーターがあり、1つ上の階にラウンジのエントランスとなる。ラウンジのエントランス左側が「ANA LOUNGE」、右側が「ANA SUITE LOUNGE」となっている。「ANA LOUNGE」はビジネスクラス・プレミアムエコノミー、スターアライアンス・ゴールド会員(同行者も1名可)が利用できるほか、エコノミークラス利用者も有料(40USドル)で事前申し込みすることで利用できるようになっている(ただし対象航空券のみ)。また、「ANA SUITE LOUNGE」はファーストクラス利用者及びANAマイレージクラブ「ダイヤモンドメンバー」(共に同行者も1名可)が利用できるラウンジとなっている。

ラウンジ受付後、左側が「ANA LOUNGE」、右側が「ANA SUITE LOUNGE」に分かれる。

まずはビジネスクラスラウンジ「ANA LOUNGE」に入室してみた。ラウンジ内に入ると、広い空間、大きな窓、天井のデザイン、全てがダイナミックだ。ソファ席と食事をゆっくり楽しめるテーブル席、ハイチェアの長いカウンターテーブル席があるが、ゆったりとした配置になっており、ソファ席やカウンターテーブル席にはコンセントも完備している。もちろんラウンジ内はWi-Fiも無料で使える。何よりもラウンジとゲートが直結していることから搭乗開始までゆっくり過ごせるようになっている。

広々とした空間で窓も大きいビジネスクラスラウンジ「ANA LOUNGE」。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。