人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.20

撮影、探査、ダイビング、使い方が広がる水中ドローンの最新モデル7選

【水中ドローン】関連記事を@DIME記事の中から5本を厳選して紹介。

水中ドローン

「GLADIUS MINI」

ダイビング好きな人にオススメしたい製品が、5基のスラスターを搭載した水中ドローン『GLADIUS MINI』。もともと携行性の高かったGLADIUSシリーズの中でも、より小型化し、気軽に楽しめるモデルになって登場した。

【参考】水中撮影もOK!家族や仲間と楽しめる小型水中ドローン「GLADIUS MINI」

「iBubble」

フランスのスタートアップ企業、Notilo Plus 社は、NVIDIA Jetson TX2を搭載し、空中ドローンと同じように障害物や人を検知・回避しながら水中を撮影できる世界初の自律型水中ドローン「iBubble」を開発した。 空中ドローンのおかげで、目もくらむような高さや人の行けない場所から美しい映像を撮影することは当たり前になりつつある。しかし、水中で活躍する人たちにとって、空中ドローンに相当する製品はなった。

【参考】障害物や人を回避しながら水中撮影できる世界初の自律型水中ドローン「iBubble」

水中ドローン「BW Space」

水中撮影、ダイビング、水中探査、科学研究などで需要が高まっているのが水中ドローン。 Youcan Robot社の知的水中ドローン「BW Space」は画像認識と自動追尾機能を導入し、0.5-5m内の水中対象人物を識別して、ターゲットをフォローしながら撮影する優れものだ。

【参考】画像認識と自動追尾機能を搭載した賢い水中ドローン「BW Space」

「PowerRay」

空撮から宅配、危険業務の代行、災害など、あらゆるシーンで活用され始めているドローン。このドローンの産業利用は水の中でも行われる可能性が見えてきた。いよいよ水中ドローンの時代が到来する。今後、ダイバーが行う産業作業が、一部水中ドローンにとって代わるといわれている。水中ドローンは普通のドローンとどう違うのか、具体的にどんな作業ができるのか探ってみた。

【参考】空だけでなく水中もドローンの時代へ!救助や産業活用も期待される水中ドローン最前線

4Kカメラ搭載モデルから小型、水深100m対応モデルまで最新の水中ドローン4選

近年、水中を撮影する「水中ドローン」の需要が高まっている中、CFDから4つのタイプの水中ドローンが登場した。どのタイプもカラフルでキュートな見た目をしているのが特徴だ。

【参考】https://dime.jp/genre/592408/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。