人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

EV販売台数世界一、保険顧客4億人、資金調達1000億円も当たりまえ!日本人が知らない中国のメガ企業

2019.06.03

中国メガ企業

 2017年にマサチューセッツ工科大学(MIT)が発表した、革新的なテクノロジー&ビジネスモデルを持つ企業ランキング「スマート・カンパニー50」には、中国企業が7社ランクインする一方で、日本企業は1社も選出されなかったことが話題となった。また、突出した成長を見せる「ユニコーン企業」の数は、米国に次いで中国が83社と、そのほとんどがテクノロジー関連企業となっている。

 中国はいつの間に、米国も強い危機感を抱くほどの技術&ベンチャー大国となったのか。橋爪さんはその背景に、世界の工場「深圳」を持つ強みや、海外の先進企業で学びUターンしてくる、若いエンジニアたちの存在を指摘する。中国人の独立心の強さに加えて、巨大な市場に期待を寄せる投資家たちやBATから、巨額の資金が流入。製品の開発も、多くのサプライヤーが集まる深圳であっという間に試作機ができ、ブラッシュアップされる。アメリカンドリームならぬ、チャイナドリームが実現しやすい環境が整っているというわけだ。

 一方でライバルも多く、「価格競争などで疲弊し、上場後に安定した収益をあげられない会社も少なくない」と橋爪さん。中国経済の成長鈍化も注目されているが、「とはいえ市場は大きく、まだ伸びしろはある」とも。次ページからそんな、注目の中国企業を紹介する。

ユニコーン企業数では米国と二分、日本はたった1社のみ

世界の国別ユニコーン企業数

ユニコーン企業(設立10年以内かつ評価額10億ドル以上の非上場企業)が多い国、第2位は中国。2019年3月発表。
米CB Insight調べ。

橋爪謙治さん三井住友DSアセットマネジメント
橋爪謙治さん
ファンドオブザイヤーも受賞した「三井住友・アジアオセアニア好配当オープン」の運用を担当。中国などアジア株運用のパイオニア。香港在住。

※掲載している情報は2019年3月29日時点のものです。

取材・文/太田百合子、山根康宏

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。