小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

軽量565gで12mmが使えるソニーの超広角ズームレンズ「FE 12-24mm F4 G」の実力検証

2019.05.25

変貌する渋谷の中心を高解像度で記録

広大な風景を捉えるのに適した超広角ズームを『α9』に付けて、今回は都会を漂った。写真家の小平尚典さんと共に、彼の地元の恵比寿からから、再開発中の渋谷駅周辺を歩いた。現在、渋谷は東急電鉄が中心となって、渋谷スクランブルスクェア、渋谷フクラス、渋谷駅桜丘口地区で工事がおこなわれている。ゴールデンウイーク中は工事が休みなので、この機会に変貌する渋谷の街を超広角ズームで俯瞰した。

『FE 12-24mm F4 G』は、15mmとは一味違う12mmからのズームだけあって、EVFをのぞくと強力なパースペクティブが迫ってくる。望遠側が24mmでは広角すぎて使いにくいのではという不安があったが、使い慣れてくると超広角が12mm、広角が15mm、標準が24mmという感覚になってくる。開放絞り値はF4で、周辺部までクッキリ撮るなら、絞りはF8がオススメ。F11まで絞ればパンフォーカスになってAFを使わなくても手前から遠景までピントがくる。それ以上、絞る必要はないだろう。DDSSMを採用したAFはとても静かで素早いため、MFを使わなくても通常の撮影ならAF任せで問題ない。画角が広すぎてEVFで隅々までチェックするのはほぼ不可能。自宅の高解像度モニターに100%で画像を表示すると撮影時に気付かなかったものを発見することもしばしばある。

私は超広角ズームを5本持っているが、結局、よく使うのはマイクロフォーサーズマウントの小型軽量レンズだ。『FE 12-24mm F4 G』はフィルターが使えないという弱点以外、ほぼパーフェクトな超広角ズームレンズであり、ライバルメーカーやレンズ専業メーカーのフルサイズミラーレス用交換レンズと比較しても、高画質でハイコスパな優等生だ。もし、私がαシリーズのボディを買うことになったら、このレンズを同時注文すること間違いナシである。

恵比寿の通称、タコ公園でスナップ。絞り開放でも周辺光量落ちは目立たずヌケのいい画像が得られた。
SONY FE 12-24mm F4 G α9 1/250sec、F4、ISO100、16mm

陸橋の上から山手線を連写。建物にはパースが付いているが不自然さは感じられない。
SONY FE 12-24mm F4 G α9 1/60sec、F6.3、ISO100、12mm

山手線はかなり速かったが、秒20コマの『α9』ならタイミングを逃がさない。
SONY FE 12-24mm F4 G α9 1/60sec、F6.3、ISO100、12mm

ビル街に唐突に現れた古い木造三階建ての建物。水準器機能を使って歪まないように撮った。
SONY FE 12-24mm F4 G α9 1/50sec、F9、ISO100、15mm

左右が防護壁で雪の壁のように見える道。この先は工事現場になっている。
SONY FE 12-24mm F4 G α9 1/50sec、F10、ISO100、12mm

最初の工事現場。右には線路が見える。GW中なので現場は無人である。
SONY FE 12-24mm F4 G α9 1/80sec、F10、ISO100、12mm

渋谷駅へ向かう路地。左は工事中。F8まで絞ると非常にシャープな画質が得られる。
SONY FE 12-24mm F4 G α9 1/80sec、F10、ISO100、12mm

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。