人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

予算10万円ならここが狙い目!東京オリンピック後を見据えたJリート投資の攻略法

2019.05.19

 今回は市場心理的に下落が見込まれるJリートの中で、守りを固めるための銘柄を紹介しよう。

 日本国内での最大イベントである「東京オリンピック」の開催まであと1年弱となった。オリンピックが終わった後は2025年に大阪万博が控えているものの、東京オリンピック終了後には景気が悪くなると見通しを立てている人は少なくないだろう。不動産の賃料収入を得られる投資商品「Jリート」も例外ではなく、価格が大きく下落してしまうかもしれない。

 しかしここ5年で3倍ほどの規模になった訪日外国人数のことを考えると、ホテル関係のJリート銘柄であれば、価格の下落を抑えることができるといえる。

■東証REIT指数の推移
 2010年4月からの東証REIT指数の推移。東証REIT指数とは東証に上場しているリート銘柄の全体的な価格推移である。1900ポイント付近を上限に高止まりしていることが読み取れるが、2014年3月から安定した価格推移であるともいえる。オリンピック後は一時的に下落するかもしれない。
引用元:東京証券取引所

訪日外国人数は右肩上がりで消費は「体験型」に移行しつつある

 下の図1は訪日外国人数の推移をまとめたものである。政府が後押ししていることもあり、訪問者数は右肩上がり。2013年に比べて2018年は約3倍、2015年に比べても約1.5倍もの外国人が来訪している。

図1:訪日外国人数の推移
日本政府観光局の統計データより筆者作成

 次に図2をみて欲しい。この図は訪日外国人の消費金額を2015年と2018年とで比べたものである。買い物での消費額の伸びは鈍化しているが、宿泊や飲食費は約1.5倍の額に伸びていることがわかる。

図2:カテゴリー別の消費金額
日本政府観光局の統計データより筆者作成

 これらの情報から想像すると、東京オリンピックを目的として来日しているとは言い切れず、オリンピックが終了したら直ちに来日外国人数や消費金額が落ち込むとは言い切れない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。