人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マイクロソフトの開発者向けイベント「Microsoft Build 2019」で発表された注目すべき10のこと

2019.05.14

米国シアトルで開催された Microsoft Build は、あらゆる開発者を支援することにフォーカスしたイベントだ。

今回、Buildで発表されたインテリジェントクラウドとインテリジェントエッジによる AI とMixed Reality(複合現実)を活用したイノベーションを容易にし、人々や組織が日々より多くのことを実現できるよう支援する、マイクロソフトのプラットフォーム、ツール、サービスに関する最新情報を紹介しよう。

Microsoft Build 2019で注目すべき10のこと 

1. Chromium OS 版 Microsoft Edge

< https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/?p=232924 >

新機能により、コンテンツの収集、整理、共有が容易になる。また、サードパーティのトラッキングをユーザー自身が決定できるプライバシーコントロール機能が追加される。

2. Starbucks とバリスタをテクノロジが支援

< https://news.microsoft.com/transform/?p=29325 >
たとえば、Azure Sphere によりコーヒーマシンの予防保守管理が行われ、Azure の強化学習機能により Starbucks モバイルアプリが顧客一人一人に合ったおすすめを紹介し、Azure Blockchain Serviceによりコーヒー豆の農場から店舗までのデジタルトレーサビリティが実現される。

3. 年内に提供開始される予定のウェブベースのプラットフォーム Fluid Framework     

< https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/?p=232924 >
チームに共同制作のための新しい方法を提供。コンテンツを分解して、モジュラー型のコンポーネントに再構成し、インテリジェントエージェントが共同制作、写真の提案、データ変換などで人間を支援してくれる。

4. マイクロソフトのインテリジェントエージェントに対するビジョン

< https://aka.ms/AA4szz5 >
2018 年に買収した Semantic Machinesによる対話型 AI と機械学習におけるブレークスルーを活用したもの。このテクノロジを使用して、インテリジェントアシスタントによってより自然に予定を設定できる予定表アプリケーションの応用を紹介。最終的に、このテクノロジは、マイクロソフトの全製品とサービスにわたる対話型 AI に搭載されることになる。

5. Microsoft 365 と Office 365 における AI 活用

< https://aka.ms/AA4wmhc >
たとえば、Word Online の Ideas in Word 機能により、洗練された文書を容易に作成することができる。また、Bing の AI テクノロジと Microsoft Graph による詳細な洞察を活用した新たなエンタープライズ向けサーチ体験である Microsoft Search が提供される。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。