人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソムリエを超えた!?エノテカ・オンラインが実現したワインのレコメンドによるおもてなし

2019.05.26

エノテカ・オンラインが独自に作成したデータベース(以下DB)に基づく機械学習により、ソムリエを超えたレコメンドが可能になったという。その新機能を以下レポートする。

ソムリエなど有資格者が「味わいDB」を作成

エノテカ・オンラインは、主要ワイン生産国の自社輸入ワイン、他社インポーターによる輸入ワイン、日本ワインなど約2000種以上を扱っている。価格帯は1000円以下~数十万円に及ぶ。1000円台円の価格帯のワインの販売本数が一番多い。

「他社の場合、ソムリエがテイスティングして点数を付けている場合が多いのですが、ソムリエのレコメンドは個人差が大きい。テイスティングする人によって評価に個人差が出てしまいます」(通販事業部・佐藤良樹チーフ)。

そこで同社が目指したのが、評価する人間に左右されないソムリエを超えるレコメンドだ。

エノテカ・オンラインのページで任意の商品を選ぶと、ページ下部に「この商品と似ている商品」がレコメンドされる。味わいや価格帯などが総合的に近い商品だ。

※実際の表示箇所は商品ページ下部になります。

同社はこのレコメンドを可能にするにあたって、まずブドウ品種、産地、醸造方法に、ソムリエ、DUAD(ボルドー大学醸造学部公認テイスター)、WSET(英国ワイン資格)の資格保持者が値を持たせ、それらを独自のアルゴリズムで計算して、ワインの味わいを数値化したDB「味わいDB」を作成した。

「味わいDB」は、ワイン1種類につき酸味、渋みまたは苦み、果実味、ボディ、などの五角形を形成している。この「味わいDB」を基に、ブレインパッドのデータサイエンティストがワインと人をマッチングするアルゴリズムを開発した。

レコメンドはこの「味わいDB」の五角形の相似性とタイプ(スパークリングか赤か白かロゼかなど)、価格格帯などによる。ただし、各要素の重要度はイコールではなく、価格よりも味わいを重要視するなどの違いがある。

今後はよりパーソナルなレコメンドも!

このレコメンドは膨大なDBを持っているソムリエだと言えるだろう。ただ、現在のレコメンドは該当のワインに近いワインをレコメンドするだけだが、今後はお客様の好みに味わいのワインをレコメンドするなど、よりパーソナルなレコメンドも行っていきたいという。

サイト全体の方向性としては、ワインの情報があり、購入もできるワイン業界唯一のメディアECを目指していく。昨年1月からはコンテンツマーケティングも始めた。

エノテカ・オンラインは、2000年よりサービスを開始している。東京商工リサーチのワイン通販お客様満足度では、3年連続ナンバーワンを獲得した。また、世界最大級のワイン検索サイト「ワイン・サーチャー」の2018年度リテイラー・アワーズにおいてオールオーバーリスト、ヨーロピアンリスト、フレンチリストの三冠で金賞を受賞している。日本のワイン通販サイトで金賞を受賞しているのは同社だけだ。

フランスワイン、イタリアワインをはじめ、チリ、アメリカ、ニュージーランド、南アフリカなどニューワールドまで取り扱い、高級ワインやバックヴィンテージの取扱いも多い。購入者で最も多いのは、40代の男性が中心だ。

■エノテカ・オンライン
https://www.enoteca.co.jp/

取材・文/稲垣有紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。